注文住宅のキッチンの失敗例とは?失敗しないためのポイントをご紹介!

家事をする上で使用頻度が高いのがキッチンでしょう。
そのため、注文住宅を建てる際にはキッチンの使い勝手を考えることが大切です。
そこで今回は、注文住宅のキッチンの失敗例と、成功させるためのポイントをご紹介します。
柏市で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□キッチンの失敗例をご紹介!

注文住宅では、住み始めてから後悔する部分も多いです。
特に使用頻度の高いキッチンで失敗してしまうと、後に不満が出てくるでしょう。
そこで、過去にどのような失敗があったのかを見ていきましょう。

まず、収納を十分に活用できないという例です。
例えば、キッチンに床下収納を設置したものの、取り出すのが面倒で使わなくなったという例は多く見受けられます。
また、収納の高さや奥行きがありすぎて物の出し入れがしにくかったり、収納の中が暗くて見にくかったりなど、収納スペースとして利用しにくいことも多いです。

次に、コンセントの位置が悪く、使いにくいという例です。
キッチンでは家電を多く使いますよね。
コンセントの位置と家電を使いたい位置が合っていなければ、家電を思うように使えないことがあります。

また、コンセントの位置が高すぎたり低すぎたりすると、使用するたびにストレスを感じることもあるでしょう。
同時に、作業効率も落ちてしまいます。

他にも、コンセントが家具で隠れてしまうため延長コードが必要という場合もあります。

□キッチンの設計で失敗しないためのポイントとは?

ここまで、キッチンの失敗例をご紹介しました。
せっかく注文住宅を建てるなら、このような失敗をしたくありませんよね。
そこで、キッチンの設計を成功させるためのポイントをご紹介します。

まず、収納したい物の種類や量に合わせた収納スペースを確保することです。
キッチンにはさまざまな大きさの調理器具がありますよね。
食材のストックや調味料を置く場所も必要でしょう。

キッチンの収納でおすすめなのがパントリーです。
ウォークイン型のパントリーは収納力が非常に優れています。
また、キッチン背面を収納として引き戸で仕切ることによって、すっきりとした印象を与えられるでしょう。

このように、キッチンの収納は使い勝手と収納力を意識して選ぶ必要があります。

次に、使う場所に合わせてコンセントを配置することです。
常に電源を必要とするオーブンレンジや冷蔵庫は、コンセントの位置が設置場所になります。
そのため、特に慎重に決定する必要があるでしょう。

ウォーターサーバーの設置をお考えなら、そのためのコンセントとスペースも必要です。
さらに、ミキサーや電気ケトル、トースターのような使用時のみコンセントを使用するキッチン家電も考慮しましょう。
このようにキッチンで使う家電を全て洗い出し、それぞれの家電が使いやすい位置にコンセントを配置しましょう。

最後に、ゴミ箱の設置場所を決めることです。
キッチンの設計を考える上で忘れがちなのがゴミ箱を置くスペースです。
これを考慮していないと、いざゴミ箱を置こうとしたときに動線を遮ってしまうことがあるでしょう。
キッチン収納の下部に専用の場所を設けるなど、使いやすく、かつ目立たない場所に設置できるようにしましょう。

キッチンの設計を考える際には、以上のポイントを意識することで失敗を防げるでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅でのキッチンの失敗例と成功させるためのポイントをご紹介しました。
キッチンの設計で失敗すると、住み始めてから後悔してしまうでしょう。
そうならないためにも、今回の記事を参考にしてみてください。

当社では機能性を重視した住まいをおすすめしています。
注文住宅の建築はぜひ当社にお任せください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ