注文住宅の購入をご検討中の方へ!水回りの間取りのポイントとは?

注文住宅の間取りでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
はじめて住宅を建てる方は、どのような間取りが使い勝手が良いのかわからないですよね。
今回は、特に重要な水回りの間取りの考え方をご紹介します。
柏市で注文住宅の購入をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□使い勝手の良い水回りにするためには

キッチンや浴室などの水回りは毎日利用しますよね。
そのため、水回りの間取りは暮らしやすさに直結します。
では、使いやすい水回りを実現するためには、何を意識すると良いのでしょうか。

それは家事動線です。
家事動線とは、家事と家事の間で行き来する動線のことを指します。
家事動線が良い間取りでは、毎日の家事における体力の負担が少なくて済むでしょう。
そこで、家事動線を考慮した間取りの例をご紹介します。

1つ目は回遊する間取りです。
料理、洗濯、トイレ掃除などの家事を快適に行うためには、それぞれの距離を近くするのが良いでしょう。
キッチンや洗濯室、干し場、トイレの間を行き止まりなしで移動できれば、移動歩数を減らし、家事のストレスを減らしてくれます。

2つ目は脱衣室を広くとった間取りです。
脱衣室を広くし、回遊性のある間取りにすることで、洗う、干す、取り込む、たたむ、しまうという洗濯の一連の動作を無駄なく行えます。
洗濯動線を重視したい方にはおすすめの間取りです。

3つ目は、勝手口からお風呂場に直行できる間取りです。
特に小さなお子様がいらっしゃる家庭では、お子様が汚れて帰ってきたため部屋も汚れてしまうという経験があるのではないでしょうか。
リビングを通らずに脱衣室で汚れた服を脱ぎ、お風呂に直行できるような間取りにすると、そのような場合でも安心です。

このような間取りを実現することで、家事がしやすく住み心地の良い住宅になるでしょう。

□使い勝手の悪い水回りの間取りとは

使い勝手が良い水回りの間取りがあれば、そうでない間取りもあります。
そこで、使い勝手の悪い間取りの例を4つご紹介します。

1つ目は、上下階で水回りの位置が別々である間取りです。
このような間取りでは、排水管のルートや音の問題などが発生します。
例えば、トイレを1階と2階の両方に設けたい場合は、上下階で同じ位置にしましょう。

2つ目は、水回りが分散している間取りです。
このような間取りでは、余分な給排水管のルートが必要になり、費用が増えたり、工事が複雑になったりする可能性があります。

3つ目は、水回りが住宅の中心にある間取りです。
水回りが中心部にあると全ての部屋に湿気やカビの発生を促します。
その結果、住宅全体の劣化が早まってしまうでしょう。

また、換気を行うのも難しくなります。
機械で換気を行うとなると、その分費用がかかってしまうので注意が必要です。

4つ目はトイレがリビングや寝室と隣接している間取りです。
壁の遮音性は、5年以上経つと劣化が感じられるようになります。
そのため、このような間取りにしてしまうと後にトイレの音に悩まされてしまうかもしれません。

5つ目は、水回りが南側にある間取りです。
南側は一日の中で湿度や温度の変動が大きい場所です。
これにより、水回りが南側にあると必要以上の湿度が発生してしまいます。
結露やカビの発生の原因になるので注意しましょう。

水回りの間取りを計画する際は、このような間取りは避けましょう。

□まとめ

今回は水回りの間取りの考え方をご紹介しました。
家事動線を意識して、使い勝手の良い水回りを実現しましょう。
水回りの間取りを計画する際には、本稿の内容を参考にしてみてください。
当社では住み心地の良い住まいづくりをサポートしておりますので、注文住宅をご購入の際はお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ