断熱性能の高い注文住宅のメリットとコツをご紹介!

住まいづくりを進める上で、断熱性能という言葉を耳にしたことはありませんか。
聞いたことはあるけれど、どのような性能なのかはわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、断熱性能の高い住宅のメリットや実現するポイントについてご紹介します。
注文住宅の購入をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□高断熱住宅のメリットとは

はじめに、住宅の断熱性能を高めるメリットを4つご紹介します。

1つ目は、結露の発生を抑えられることです。
現在の住宅で、結露に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
結露は室内の暖かくて湿度の高い空気が、冷たい壁や窓に触れることで発生します。

断熱性能が低い住宅では、寒い日には室内の壁の表面温度を下げるため、暖められた室内の空気との温度差によって結露が発生しやすくなります。
断熱性を高めて壁や窓の温度を上げることで、結露が発生するのを抑えられます。

2つ目は、室内の温度差を少なくできることです。
断熱性能が低い住宅では、暖房が効いている部屋は暖かくても、通路やトイレのような場所は温度が低いままであることが多いでしょう。

この場合、部屋を移動する際に温度差に悩まされてしまいます。
断熱性能を高めることでこのような温度差を軽減し、住宅全体を快適な環境にできます。

3つ目は健康に良いことです。
部屋間の温度差は身体の負担となり、ヒートショックのリスクを高めます。
また、結露やカビの発生も促すため、衛生的な環境を保ちにくいでしょう。
高断熱住宅ではこのような点が改善されるため、ご家族の健康にも良い影響を与えるでしょう。

4つ目は省エネで経済的であることです。
断熱性能を高めることで冷暖房が効きやすくなります。
余分なエネルギーを消費せずに済み、冷暖房費の節約にもなるでしょう。

このように、高断熱住宅にはたくさんのメリットがあります。
快適に住み続けるために、断熱性能を高めることを検討してみてはいかがでしょうか。

□断熱性能を高めるためのポイントをご紹介!

高断熱住宅を実現するためには窓に注目しましょう。
一般的な窓は壁の1/10程度の断熱性能しかありません。
そのため、冷暖房で調節した室内の熱が窓から逃げてしまいます。
また、窓は光や風をコントロールする役割もあるため、窓次第で住み心地が変わってきます。

このような理由から、断熱性能を高めるためには窓の性能を確保しつつ、効果的な位置に窓を配置することが重要です。

では、そもそも窓の断熱性能はどのように高めれば良いのでしょうか。
このとき、サッシとガラス部分に分けて考えることが大切です。

*サッシの性能

サッシに使われている素材によって断熱性能が変わります。
性能が低い順に、アルミサッシ、アルミ樹脂複合サッシ、樹脂サッシ、木製サッシになります。

アルミサッシは結露の原因になることが多いため、最近ではほとんど使われていません。
現在よく使われているのはアルミ樹脂複合サッシです。
より断熱性能の高い住宅を実現したいとお考えの方は、樹脂サッシや木製サッシを選ぶと良いでしょう。

*ガラスの性能

最近ではガラスを2枚使用した複層ガラスが主流です。
また、通常はガラスの間に乾燥した空気層が入っていますが、より断熱性能が優れているアルゴンガスを入れたものや、真空タイプのものもあります。
断熱性能にこだわりたい方はこのようなタイプを選ぶのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、断熱性能の高い住宅のメリットと建てる上でのポイントをご紹介しました。
高断熱住宅にはさまざまなメリットがあります。
住まいづくりの際には断熱性能にも注目してみてください。

当社では機能性を重視した住宅を建築しております。
注文住宅の購入をお考えの方はお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ