注文住宅の収納でよくある失敗とは?失敗しないコツもご紹介!

注文住宅の購入をお考えの方の中で、収納計画でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の設計を考える上で、収納は失敗が多い部分の一つです。
そのため、特に慎重に計画する必要があるでしょう。

そこで今回は収納の失敗例と失敗しないコツをご紹介します。
柏市で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□収納でよくある失敗例をご紹介!

収納での失敗は、暮らしの不便さに直結します。
住み始めてから後悔しないように、まずは失敗例を把握しておきましょう。
そこで、3つの失敗例をご紹介します。

1つ目は、収納の位置に関する失敗です。
例えば、掃除機を取りに行くために毎回玄関まで行くのは面倒ですよね。
このように、収納場所を広く取ったのにもかかわらず、収納したい場所にないため使いにくいという失敗があります。

2つ目は、ウォークインクローゼットに関する失敗です。
人気のある収納の1つなので、取り入れたいとお考えの方も多いでしょう。
しかし、ウォークインクローゼットは内部に通路を設置するため、広い割には洋服があまり収納できない可能性も考えられます。

部屋が狭い場合は他の収納にする方が効率的かもしれません。

3つ目は屋根裏収納に関する失敗です。
屋根裏収納を利用するには、はしごを使って行き来する必要があります。
これが不便で結局使わなくなってしまったというケースもよくあります。
特に夏の屋根裏は想像以上に暑くなるので、上り下りだけで汗だくになってしまうでしょう。

□収納で失敗しないためは?

ここまで、収納に関する失敗についてご紹介しました。
このような失敗を繰り返さないためには、何を意識すると良いのでしょうか。

それは、収納の場所です。
大きい収納があれば使いやすい収納になるのではないかとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、使い勝手の良い収納にするには、面積が広いだけでなく使用すべき場所にある必要があります。
そこで、収納を設けると良い場所の例をご紹介します。

1つ目は玄関です。
ウォークインタイプの収納にすることで、すっきりとした印象にもなります。
お子様がいらっしゃるご家庭では、ベビーカーや遊び道具、自転車なども収納できるため非常に便利です。

2つ目はキッチンです。
パントリーを設けることで、食料品のストックの置き場所に困りません。
普段使わない台所用品を収納したり、冷蔵庫や冷凍庫を設置したりするのも良いでしょう。

普段よく使う小物の収納には、壁面収納が適しています。
収納したい物の使用頻度に分けてウォークインタイプと壁面収納を使い分けると良いでしょう。

3つ目は浴室や洗面所です。
石鹸などの衛生品のストックや掃除用具を収納するためのスペースがあると便利です。

4つ目は寝室やプライベートルームです。
ウォークインクローゼットを設置する場合は、換気のできる窓をとりつけることをおすすめします。
その理由は、洋服は湿気がたまりやすく、たまった湿気は洋服の傷みの原因になるからです。
ただし、日当たりの良い場所だと洋服が日焼けする可能性があることに注意しましょう。

ここまで、収納が必要な場所の例をご紹介しました。
どの部屋にどれくらいの大きさの収納が必要なのかは人それぞれです。
今回の例を参考に、ご自身のライフスタイルではどのような収納を設けるべきなのかを考えてみましょう。

□まとめ

今回は収納の失敗例と成功のためのポイントについてご紹介しました。
収納での失敗は意外と多いことがおわかりいただけたでしょうか。
同じ失敗を繰り返さないためにも、失敗例と対策法を理解しておきましょう。
当社ではお客様の理想を実現できる住宅を建築いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ