注文住宅のワークスペースはどう作る?柏市の住宅会社が解説します!

柏市で注文住宅を建てようか検討している方はいませんか。
コロナの影響もあり、注文住宅を建てるときにワークスペースを確保する方が増えました。
在宅勤務やテレワークをしている方の中には、確保したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、注文住宅のワークスペースについて紹介します。

□在宅勤務について

まずは、改めて在宅勤務やテレワークの意味を知りましょう。
テレワークとは、情報通信技術を活用し、勤務先のオフィスから離れた場所で仕事をする勤務形態のことです。
そのため、場所は自宅とは限りません。

そして、在宅勤務とはテレワーク形態の1つです。
文字通り自宅で仕事することですが、インターネットの普及やコロナによって導入する企業が増えました。
週に1〜2回在宅勤務をする企業が多く、新たな働き方といっても過言ではないでしょう。

在宅勤務の場合、さまざまなメリットがあります。
通勤にかかる時間や労力をゼロにしたり、仕事と家庭の両立がしやすくなったりしたことが挙げられます。
実感している方も多いでしょう。

しかし、反対に新しい勤務形態に悩みを持つ方も増えました。
よくある悩みとしては以下のものが挙げられます。

・生活音が気になって仕事に集中できない
・会議中に家族や部屋の様子が映り込む
・仕事部屋やワークスペースの確保が難しい
・家族に気を使わせてしまう
・オンとオフの切り替えが難しい

□ワークスペースのタイプについて

続いては、ワークスペースの種類について紹介します。

まずは、個室タイプです。
オンライン会議や打ち合わせが増えていることから、自宅の中に書斎のような個室タイプのワークスペースを構える方が増えました。
完全個室にした場合、家族のことを気にすることなく仕事を行え、オンオフも切り替えやすいです。

また、完全に閉じた空間でなく、階段の踊り場や廊下の一角といったようにデッドスペースを活用したオープンタイプの書斎もあります。
このタイプの場合、完全個室よりもオンオフの切り替えが難しいですが、家族の様子を知れ、逆に集中できる方もいるでしょう。

まとめると、個室タイプのワークスペースには以下の特徴があります。
・集中できる空間を確保できる
・プライバシーを確保できる
・メリハリのある生活を実現できる

ワークスペースには個室タイプとは別に、リビング・ダイニングをワークスペースにする方もいます。
次は、そのタイプの紹介をします。

リビングやダイニングテーブルで仕事をする場合、家事や食事をするたびに整理整頓する必要があります。
また、家族が会議中に映り込む、といったハプニングが起こることもあるでしょう。

そんなワークスペースですが、延べ床面積を広げることなく、子供の勉強スペースとして利用できたり、置き家具を置くことで個室に近いスペースを作ったりできることがメリットとして挙げられます。
家族の気配を感じながらも、落ち着いて仕事できる環境づくりを意識しましょう。

□快適なワークスペースにする方法について

最後に、快適なワークスペースを実現させる方法を2つ紹介します。

1つ目はコンセントの位置と数を考えることです。
パソコンで作業する方が多いと思いますが、デスクの近くに充電器をさせるコンセントが必要です。
また、プリンターやデスクライトのコンセントも必要です。
コンセントの位置で作業する場所が大体決まるため、なるべく実際の働くところをイメージして行いましょう。

2つ目は、誰がどのように使用するか考えることです。
「自分だけの空間にする」「家族の気配を感じながら行う」「家族も使えるスペースにする」といったように、誰がどのような目的で使用するか考えましょう。
それによってプランが大きく変わります。
家族で話し合いの時間を設けることをお勧めします。

□まとめ

今回は、注文住宅のワークスペースについて紹介しました。
新しい勤務形態で戸惑うことが多いでしょう。
そんなときはワークスペースをまず確保し、できる限り集中できる環境を作りましょう。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ