注文住宅の土地の選び方とは?柏市の工務店が解説します!

「注文住宅を建てたいけれど、土地の選び方がわからない。」
このような悩みを抱えている方はいませんか。
注文住宅と聞くと、住宅ばかりに目が向きがちですが、土地も大切なポイントです。

しかし、あまり馴染みのない方も多いでしょう。
そこで今回は、土地探しについて柏市の工務店が解説します。

□良い土地の条件について

まず初めに、良い土地の条件を4つ確認しましょう。

1つ目は、地盤が丈夫であることです。
日本は震災が多いため、これは譲れない条件として挙げられます。
地盤が丈夫でない場所に家を建てた場合、追加工事が必要になります。
また、工事は必要なくとも、過去に地盤沈下や液状化現象を起こした場所は避けた方が良いでしょう。

2つ目は、災害に強い土地を選ぶことです。
地盤と同様に災害に強い土地であるかも確認することが大切です。
しかし、どの土地が災害に強いか知るのは難しいですよね。

そんなときは国土交通省が出しているハザードマップポータルサイトを確認しましょう。
全国のハザードマップ情報が集結しているため、希望する地域の土地状況を知れます。

3つ目は、境界線がはっきりしていることです。
土地問題で最も多いのが境界線の問題であることはご存知ですか。
境界線に関するトラブルは多く発生しており、土地を探すときには注意する必要があります。

現在では、目印となる「境界標」が打ち込まれていることが多いです。
この境界標が図面通りに打ち込まれている場合は問題ありません。
しかし、現場の状況によって難しいケースがあるのも事実です。
隣人との立ち合いのもとで境界線を明確にしましょう。

4つ目は、住環境がしっかりしていることです。
住環境とは、近くの商業施設や学校などのことです。
注文住宅を建てる場合、将来のことを見据えて住環境を見ることも大切です。
子育て世帯であれば公園の有無の確認、通勤するサラリーマンであれば交通アクセスの便利さ、なども考慮しましょう。

□土地探しのポイントについて

続いては、土地探しを行うときのポイントをいくつか紹介します。

まずは、優先順位を決めることです。
土地を探すとき、価格・広さ・形・駅からの距離など、希望を出せばいくらでも出せるでしょう。
しかし、全てを満たす土地は少なく、満たす場合でもすでに家が建てられていることが多いです。
そのため、条件に優先順位をつけてから土地探しを始めましょう。

次は、建物の種類や性能への規制をチェックすることです。
地域によって建てられる建物は制限されており、建物の耐火性能に基準がある地域があったり、建物の規模が決められていたりする地域があります。
そして、それらに合わせて工事をする必要がある場合、費用を支払う必要があります。
購入する土地でどのような建物が建てられるかについては事前に把握しておきましょう。

最後は、制約に注意することです。
先ほどは地域でしたが、次は購入の土地に限定したことです。
つまり、建築面積の上限である「建ぺい率」、延べ床面積の上限である「容積率」、「高さ制限」「北側斜線」などの制限があります。
これを満たしていない建物はその土地に建てられません。

また、道路に関する規制もあります。
これらの制約は住宅を建てない方には馴染みのないことです。
そのため、土地を探すときにはそれぞれの条件を知っておきましょう。

□当社でできることについて

通常の住宅メーカーの場合、規格がおおよそ決まっているため、狭い土地に家が建てられないことがあります。
しかし当社では、土地に合わせてゼロベースで建築家が図面を引いています。
それによって「小さい土地に小さい家を建てる」といった対応が可能です。

他にも様々な土地への対応が可能であるため、まずは相談しに来てください。
別の会社では「この土地では難しい」と言われた方でも、柔軟に対応し、理想の注文住宅を作ります。

□まとめ

今回は、土地の選び方について紹介しました。
土地を選ぶときは、まずはここで紹介したポイントを意識しましょう。
また、何かわからないことや疑問点があればご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ