柏市で注文住宅を検討中の方へ!コロナ対策をどう考える?

「コロナが流行っているけれど、家づくりはそれに合わせてどう変えていけば良いだろうか。」
このような疑問を持っている方はいませんか。
コロナの流行で生活が大きく変わりましたが、注文住宅にも変化があります。
そこで今回は、コロナ禍の注文住宅の購入について、柏市の工務店が紹介します。

□コロナ禍での注文住宅について

注文住宅で最も魅力的な点は「自由度の高さ」です。
自分の生活や家族構成などに合わせて理想の家を建てられます。
加えて、災害に対する耐久性の高さやランニングコストなどの観点からも調整できます。
そのため、それぞれの家庭で優先順位が異なっていました。

しかし、コロナが発生してから、間取りと広さが最も重要なポイントに上がりました。
なぜなら、テレワークを行うスペースの確保が条件として新たに加わったからです。
在宅勤務をする場合、1人で集中できる環境作りは大切です。
注文住宅を考えるときは在宅ワークが行いやすく、家族と過ごしやすいかを基準に考えると良いでしょう。

また、外から帰った時にウイルスを入り口や玄関でシャットアウトできる設備のある家もニーズが高くなりました。
帰宅後すぐに手洗いうがいができるような間取りにしたり、室内ドアを自動にしたりするといった事例が増えています。
こういった観点も頭に入れながら決めていくと満足して終えられるでしょう。

□コロナ対策について

注文住宅を考えている方はできる限りコロナ対策を注文住宅に取り入れた方が良いです。
そのためには、やはり自由度の高さを生かしましょう。

建売住宅はすでに完成してしまっているので、理想通りに変えるのは難しいです。
その点、注文住宅であれば自由に間取りや設備を変えられます。
今のコロナの状況に合わせている建売住宅はあまり多くないため、今から一軒家を購入する場合は自由に決められる注文住宅を建てましょう。

□工務店を選ぶポイントについて

最後は、工務店を選ぶときのポイントを4つ紹介します。

1つ目は、企業として安定していることです。
家づくりは人生で何度も訪れるものではありません。
そのため、年間施工数や経営状況をインターネットで確認し、施工数が多くて安定した経営をしている工務店を選びましょう。
工務店が倒産した場合はアフターメンテナンスに影響するため、時間をしっかりとって調べることをおすすめします。

2つ目は、自社施工をしていることです。
「契約だけして、あとは下請けに丸投げする」といった工務店が存在します。
その場合、余計な費用がかかったり、責任が曖昧になったりして、建て終えた後にトラブルに発展しやすいです。
家づくりの責任を全てとってくれる、自社施工を行っている会社を選びましょう。

3つ目は、コミュニケーションが取りやすいことです。
注文住宅を作るときは何度も話し合いを行います。
そのため、技術力や資金だけでなく、コミュニケーションの取りやすさも重要なポイントです。
しっかりと話ができる工務店であれば、都度意見が言いやすくなり、ポジティブな関係を築けるでしょう。

4つ目は、腕の良い職人が揃っていることです。
やはり職人の腕は家づくりにおいて大切です。
腕の良い職人がいるかどうかは、これまでの建築実例を確認したり、その職人に頼んだ人の意見を聞いたりすると良いでしょう。
建築当初は多少のズレや歪みでも、後々大きな問題を引き起こす可能性があるため、丁寧な家づくりをしてくれる職人がいる工務店に依頼してください。

□まとめ

今回は、コロナ禍における注文住宅について紹介しました。
コロナ禍では、ワークスペースの確保や感染対策が重要です。
家を購入するときにそれらを実現できるのは、自由度の高いことが特徴の注文住宅でしょう。
注文住宅を建てたい方はまずは当社にご相談にいらしてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ