柏市で注文住宅を検討中の方必見!自然素材を使った住宅を紹介!

柏市で注文住宅を建てようと考えている方はいませんか。
注文住宅を建てるときに知っておくと良いことは「自然素材」の家があることです。
自然素材住宅について馴染みのない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、自然素材住宅について紹介します。

□自然素材住宅とは

「自然素材の家」と聞くとどういったイメージがありますか。
木材と使った家、シックハウスに悩まない家、などさまざまなイメージがあるでしょう。
ここでは自然素材住宅を「素材や健康に配慮し、そこに暮らす人が心地よく、長く住み続けられる家」とします。

注文住宅を建てた方の中には、シックハウス症候群に悩む方がいます。
シックハウス症候群とは、建材に使われる塗料や接着剤に含まれる有機溶剤、木材に塗布される化学物質などが原因で体調を悪くすることです。
これらが全く入っていない家は作れませんが、少ない家は作れます。
素材や健康に配慮し、住みやすい自然素材の家を作りましょう。

□住宅で使われる自然素材について

自然素材の家のイメージはできたものの、どういった素材を使えば良いかわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで続いては、自然素材の家で使われる主な素材について紹介します。
2つ確認しましょう。

1つ目は、無垢材です。
無垢材とは、天然の木を乾燥させて作った木材を指します。
建材として多くの部分で使われていますが、フローリングで使われているのは見たことがあるでしょう。

無垢材には天然木ならではの節がある場合が多いです。
無いものあり、これは個人の好みでしょう。
「スギやヒノキに代表される針葉樹は柔らかく」「ナラやケヤキに代表される広葉樹は固い」などの特徴があるため、選ぶ時には頭に入れておきましょう。

2つ目は、漆喰・珪藻土です。
塗壁の仕上げを行うときに漆喰や珪藻土などの内装材が使われます。
特徴としては、耐火性と調湿性に優れていることが挙げられるでしょう。
塗り方次第でオリジナルの模様をつけられます。

また、木材や内装材は目に見えますが、目に見えない部分にも拘りたい方もいるでしょう。
目に見えない部分とは、具体的に「断熱材」や「接着剤」のことです。
自然素材の家であれば、断熱材はロースファイバーやウール、接着剤は膠(にかわ)や米糊などがおすすめです。

□自然素材の特徴について

先ほど、漆喰や珪藻土などが自然素材の例として紹介しましたが、次はそれらの特徴をより詳細に紹介します。

まずは漆喰です。
漆喰を塗った壁は「呼吸する壁」とも呼ばれるように、漆喰は空気中の二酸化炭素を吸ってゆっくり固まる、という特徴があります。
時間が経てば経つほど部屋に味が出てくるため、そういった家で住みたい方は特におすすめの素材と言えますね。

加えて、漆喰は調湿性があります。
調湿性があると、夏は湿度を、冬は乾燥を抑えてくれるため、より住みやすくなるでしょう。

漆喰の注意点としては費用が高くなることです。
一般のビニールクロスを使うよりも工程が多く、完成までに時間がかかります。
それに伴い費用も割高になる傾向があるため、その点には注意しましょう。

続いては、珪藻土の特徴について紹介します。
珪藻土の特徴はなんといっても「湿度調節機能」が挙げられるでしょう。
夏の湿気が多い時期、冬の乾燥が気になる時期に、ダニやウイルス、カビなどが発生しづらい環境を作ります。
これは漆喰よりも大きな効果を発揮します。

しかし、ひび割れには気をつける必要があります。
乾燥しすぎると突然ひび割れを起こす可能性があるため、注意しましょう。

□まとめ

今回は、自然素材住宅について紹介しました。
自然素材にはいくつか種類があり、それぞれで違った特徴があります。
注文住宅を建てたい方は、自然素材の利用を検討してみても良いでしょう。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ