在宅ワークに適した住宅とは?柏市で注文住宅をお考えの方必見です!

「在宅ワークが増えたけれど、注文住宅を建てるならどういったことを意識すれば良いだろうか。」
このように悩んでいる方はいませんか。
コロナの影響から在宅ワークが増え、これからも増え続けると言われています。
そこで今回は、柏市の工務店が在宅ワークに合った注文住宅について紹介します。

□在宅ワークへの対策について

在宅ワークを行うときは1人で行いたいですよね。
しかし、家族で過ごしている場合、なかなか1人だけで作業するスペースが取りにくいでしょう。

そこでおすすめなのが「書斎」です。
書斎と聞くとどういったイメージがありますか。
「仕事や趣味のためのスペース」「1人だけの時間を過ごす場所」と、さまざまな考えがあると思いますが、まずここでは「仕事する広さを確保できるスペース」とします。

そんな書斎のメリットを改めて3つ確認しましょう。

1つ目は、作業に集中しやすいことです。
ダイニングテーブルで仕事をしている方もいると思いますが、食事の度に片付けるのは面倒で、非効率ですよね。
誰にも邪魔されずに集中できることは最も大きなメリットでしょう。

2つ目は、プライバシーを確保できることです。
家族といえども、仕事中にずっと見られているとストレスが溜まる方が多いでしょう。
1人になりたいときに1人になれる環境は大切です。
また、来客時に見られたくないものがある場合も書斎にすぐに隠せるので便利です。

3つ目は、気持ちのオンオフを切り替えやすいことです。
在宅ワークをしていて、自由な時間と仕事とのメリハリがつけられなくて困っていませんか。
書斎があれば、「書斎では集中する」と気持ちの切り替えがしやすいです。

□書斎のタイプについて

続いては、どういった種類の書斎があるか紹介します。

まずは完全個室の書斎です。
集中したい場合はこのタイプが最もおすすめです。
そのため、打ち合わせが多い方や集中力を要するクリエイティブ職の方は完全個室が良いでしょう。
1部屋確保することになるため設備費用やランニングコストがかかりますが、メリットは多くあるためおすすめです。

次は、半個室の書斎です。
どうしても個室を用意するのが難しい場合、ロフトやスキップフロアなどを個室として利用するのも良いでしょう。
完全個室ほどの遮音性はありませんが、工夫によって視線を遮り、集中できる環境は作り出せます。
また、延床面積の影響を受けることなく空間を利用できるのも、良い点として挙げられるでしょう。

最後は、リビング書斎です。
リビングや廊下の一角をワークスペースにする方法です。
家事や子育てとの両立をしたい方におすすめのタイプです。
ただし、ウェブ会議をするときに生活音が入ったり、プライベート空間が映ったりする可能性があるため、そこは気をつけましょう。

□注意点について

ここまでで書斎のメリットと種類を紹介しましたが、最後は注意点を2つ紹介します。

1つ目は、生活音に配慮することです。
可能な限り生活音が入らないワークスペースを確保しましょう。
会議のたびに家族にお願いするのも疲れるでしょうし、家族もくつろげません。
集中力も上がるため、静かなワークスペースを意識しましょう。

2つ目は、デスクからの視界を考えることです。
オフィスで働いているときに壁に向かって座る方は少ないでしょう。
しかし自宅では、スペースの効率面を考慮して、壁に向かって置く場合が多いです。
実際の生活をイメージしながら窓の位置や入り口の場所などを考えないと、働きにくくなるため注意しましょう。

□まとめ

今回は、在宅ワークに合わせた注文住宅作りについて紹介しました。
在宅ワークで必要なことは1人で集中できる環境づくりです。
可能ならば完全個室を作り、静かな環境で仕事できるスペースを確保しましょう。
疑問点や不明点がございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ