注文住宅を建てる際に光熱費を削減するポイントをご紹介します!

光熱費は家計の負担になりますよね。
実は、注文住宅で家を建てる段階で光熱費を削減できることをご存知ですか。
間取りや設備を工夫することで光熱費は抑えられます。
そこで今回は注文住宅で光熱費を削減するための方法をご紹介します。
注文住宅をご購入の際はぜひ参考にしてみてください。

□光熱費削減のための家づくりのポイントとは?

住宅を建てる際、設計を工夫することで光熱費を節約できるでしょう。
はじめに、3つの方法をご紹介します。

1つ目は高気密高断熱にすることです。
気密性とは住宅の隙間を減らして密閉性を高める性能のことで、断熱性とは家の外の熱を伝わりにくくする性能のことです。
気密性と断熱性が高い住宅では、外の温度変化に左右されることなく、室内を1年中快適な温度に保ってくれるでしょう。
夏は涼しく冬は暖かい住宅になるため、エアコンの利用を控えらえます。

2つ目は省エネ住宅にすることです。
例えば、低炭素住宅や長期優良住宅が省エネ住宅として認定されています。

このような住宅のメリットは、エネルギーの消費を減らせるだけではありません。
減税や住宅ローン控除においても優遇があるため、費用面でもメリットがあります。
環境にもお財布にも優しい住宅と言えますね。

3つ目は風通しと採光を工夫することです。
特に家族で過ごす時間が長いリビングは、風通しが良い設計にすることで夏でも涼しい環境を作れるでしょう。
さらに、日当たりの良い明るい住宅にすることで、照明のための電気代と暖房費を節約できます。
また、キッチンや冷蔵庫がある場所に直射日光が当たらないようにすると、夏の電気代の無駄を防げるでしょう。

□光熱費削減におすすめの設備をご紹介!

ここまで、光熱費を削減するための設計の工夫についてご紹介しました。
このような工夫に加えて、設備を導入することでさらなる効果を見込めるでしょう。
続いて、光熱費削減におすすめの設備をご紹介します。

1つ目はLED照明です。
通常の白熱電球や蛍光灯よりも消費電力が少ない上に、長持ちすることが最も大きなメリットでしょう。
最近では価格も安くなってきており、コストパフォーマンスの良い照明と言えますね。

2つ目は太陽光発電です。
太陽光発電は「家を建てた際に導入しておけばよかった」という声も多い設備です。
屋根に太陽電池モジュールを設置し、太陽光によって発電します。

電力は自宅で消費できますし、余った電力は電気会社に売電もできるでしょう。
停電時にも日中であれば電気が使えるというメリットもあるため、万一の場合にも安心ですね。

3つ目は給湯システムです。
現在人気を集めているのはエコキュートでしょう。
実は、使用する電力エネルギーの3倍の熱エネルギーを得られます。
また、割安な夜間電力を使用できるためランニングコストを抑えられるでしょう。

4つ目は蓄電池です。
太陽光発電によって生産したエネルギーなどを蓄電し、日中や非常時に電力を使用できます。
太陽光発電システムでは非常時も日中しか電力を使用できませんでしたが、蓄電池があれば夜間も電気を使えるため、より安心ですね。
太陽光発電と一緒に導入することで費用回収年数が早くなるため、導入するご家庭も増えています。

このような設備を導入することで、さらに光熱費を節約できるでしょう。
ぜひ検討してみてください。

□まとめ

今回は注文住宅での光熱費の削減方法についてご紹介しました。
間取りを工夫したり、便利な設備を導入したりすることで、これからの光熱費を抑えましょう。
当社ではお客様のご要望を徹底的にヒアリングして、お客様の理想の住宅を実現しています。
注文住宅で家を建てる際はぜひ当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ