注文住宅で家を建てたい方必見!高気密高断熱の家のメリットとは?

住宅に関する情報を収集している際、高気密高断熱というワードを目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
実は、高気密高断熱の住宅にはさまざまなメリットがあります。
今回はそのメリットと注意点についてご紹介します。
これから住宅を建てようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□高気密高断熱の住宅のメリットをご紹介

高気密高断熱とは、そもそもどのような意味なのでしょうか。
気密とは密閉することで気圧の変化の影響を受けないようにすることです。
一方で、断熱とは熱が伝わらないようにすることを意味します。
この2つの性能が高い住宅を、高気密高断熱の住宅と言います。

このような住宅にはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。
大きく4つのメリットをご紹介します。

1つ目は、室内の温度を一定に保てることです。
断熱性を高めることで、外の気温の変化に左右されることなく室内の温度を保てます。
また、気密性が高いことで、さらに室内の空気を逃しにくくなるでしょう。
そのため1年中快適な気温で過ごせます。

2つ目は省エネ効果が見込めることです。
高気密高断熱の住宅は、室内を一度冷やすと冷気が逃げにくく、暖めると暖気が逃げにくいというのも特徴です。
そのため、冷暖房の利用を控えても快適な温度に保てるでしょう。
冷暖房の利用が増える夏と冬は、光熱費を抑えられるのも嬉しいですね。

3つ目はヒートショックを防止できることです。
みなさんは、冬場お風呂から出た際に急に体が冷えるのを感じたことはありませんか。
ヒートショックとは、このような急激な温度変化によって血圧が変動し、体に悪影響を及ぼすことを言います。

脳梗塞や心筋梗塞など、命に関わる症状を招いてしまうこともあります。
特に高齢の方は注意が必要でしょう。
高気密高断熱の住宅では室内の温度を一定に保てますし、部屋間の温度差も少ないため、このような現象を防げます。

4つ目は熱中症予防になることです。
熱中症は命を脅かす症状でもあります。
最近は地球温暖化の影響によってだんだん気温が上昇しているため、より注意が必要でしょう。
複層ガラスや遮熱ガラスなどの断熱材を使用することで、室内の温度の上昇を和らげられるため、熱中症のリスクも減らせます。

□高気密高断熱の住宅を建てる際の注意点とは?

このようにさまざまなメリットがある住宅ですが、建てる際には注意すべきポイントもあります。
続いて、3つの注意点をご紹介します。

まず、建設コストがかかることです。
優れた断熱材を使用して精度の高い工事をするとなると、どうしてもコストはかかってしまうでしょう。
しかし、今後の暮らしにかかるランニングコストは下げられます。
初期にかかるコストではなく、長い目で見たときにかかるコストで判断することが大切でしょう。

次に、施工不良がある場合は結露が発生しやすいことです。
もちろんきちんと施工されている場合は問題ありません。
そのため、信頼できる業者選びが重要と言えるでしょう。

最後に、使えない暖房器具があることです。
例えば石油ストーブなどは使えません。
理由としては、有害な一酸化炭素が発生する危険性があるからです。
このような暖房器具は使用せず、エアコンや床暖房などを利用するようにしましょう。

高気密高断熱の住宅を建てる際は、以上のポイントに注意してください。

□まとめ

今回は高気密高断熱の住宅についてご紹介しました。
環境にも人にも優しい住宅であるということをご理解いただけたでしょうか。
当社では高気密高断熱にこだわった住まいを提供しております。
お客様のご希望やライフスタイルに最適なプランを提案しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ