注文住宅の購入を検討中の方必見!注文住宅でよくある後悔のポイントとは?

注文住宅では自分好みの住まいを実現できるのが非常に魅力的ですよね。
間取りやデザインにこだわりがある方も多いでしょう。
しかし、0から住まいを作れるからこそ失敗してしまうことがあるのも事実です。
今回は注文住宅でよくある後悔のポイントをご紹介します。
注文住宅を購入する際は、ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅でよくある後悔のポイントとは

はじめに、注文住宅でよくある後悔のポイントを4つご紹介します。
以下の例から失敗を学び、成功につなげましょう。

1つ目は収納が小さすぎるというものです。
収納を考える際は玄関収納に気をとられがちですが、リビングや子ども部屋にも収納すべきものはたくさんありますよね。
実際に物を入れようとすると収納スペースが小さすぎて入らず、部屋が散らかってしまうというのはよくある失敗談です。

2つ目はコンセントの数が足りないというものです。
数が少ないだけでなく、位置が悪いという失敗もあります。
コンセントが足りず長い延長コードを使うのも不便ですよね。
たこ足配線は発火する危険性もあるため、コンセントの数や位置には注意が必要です。

3つ目は洗濯に手間がかかるというものです。
例えば、1階に洗い場があって2階に干しに行く場合、水分を含んだ重い洗濯物を持って階段を上り下りするのは大変でしょう。
また、洗濯物をたたんで各部屋のクローゼットにしまうのが大変だという失敗もあります。

4つ目はローンの返済がきついというものです。
このような資金計画の失敗もよくあります。
住宅ローンは長期間かけて返済するものですよね。
無理のある返済計画を立ててしまうと、プライベートにお金を使えなくなってしまうでしょう。

□後悔しないためのポイントをご紹介!

ここまで注文住宅で失敗した例をご紹介しました。
上記の失敗例のように、住み始めてから後悔したくないですよね。
そこで、注文住宅で家を建てる際のポイントをご紹介します。

まず、住宅と暮らしのイメージを明確にすることです。
どのような住宅を建てたいのか、その住宅でどのような生活がしたいのかを、できるだけ具体化しておきましょう。
そうすることで上記でご紹介したような失敗は防げます。
打ち合わせの際にも住宅の理想像を伝えやすいでしょう。

また、打ち合わせを進めるにつれて、いろいろな間取りや設備を取り入れたくなることもあるかもしれません。
住宅や暮らしのイメージができていれば、そのような際にも判断基準が明確になります。
住宅に関するイメージはご自身で考えるだけでなく、家族で意見を共有するようにしてくださいね。

次に、注文住宅に関する基礎知識を知っておくことです。
今回ご紹介したよくある失敗例や、注文住宅にかかる費用、打ち合わせの流れなどを知っておくとスムーズに住まいづくりを進められるでしょう。
注文住宅を建てるまでには決めることがたくさんあります。
何も知らないまま始めてしまうと判断に困ってしまいますし、本当に納得のいく住まいづくりにできないかもしれません。

最後に、納得できるまで質問することです。
業者との打ち合わせで不明な点があれば、放置せずに必ず聞いておきましょう。
曖昧なまま進めてしまうと、後に認識の違いが生まれてしまうかもしれません。
納得がいくまで質問をしながら打ち合わせを進めていれば、後悔することもないでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅で後悔してしまった例と注意点をご紹介しました。
せっかくの住まいづくりで後悔したくありませんよね。
今回ご紹介した失敗例とポイントを押さえておき、住まいづくりを成功させましょう。
当社ではお客様が楽しんで暮らせるような住宅を提案しております。
注文住宅をご購入の際はぜひお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ