注文住宅で家を建てる際におすすめの収納をご紹介します!

注文住宅で0から住まいをデザインするのはワクワクしますよね。
間取りを考える際に意識したいことの1つが、収納スペースについてです。
なんとなく決めてしまうと、住み始めてから後悔することになるでしょう。
そこで今回はおすすめの収納についてご紹介します。
注文住宅の間取りを考える際はぜひ参考にしてみてください。

□収納スペースを考える際のポイントをご紹介!

間取りを0から考えるのは難しいですよね。
何から考えたら良いのかわからずお悩みの方も多いと思います。
はじめに、収納スペースの間取りを考える際のポイントをご紹介します。

まず、収納の広さを考えましょう。
いざ住み始めてみると収納スペースが足りず、部屋が散らかってしまうという失敗はよく見受けられます。
また、収納が大きすぎてもスペースの無駄遣いになってしまうでしょう。
大切なのはご自身にあった大きさの収納を設けることです。

そのためにも、どの程度の荷物を収納するのかを把握することが重要でしょう。
まずは現在の住宅の収納スペースを参考にして、適当な大きさを考えてみてください。

また、将来の生活をイメージすることも大切です。
例えば、女の子のお子様がいらっしゃるご家庭では洋服が増えるかもしれませんし、高校生のお子様なら部活の道具を置くスペースが必要になるかもしれませんね。
このように生活を具体的にイメージすることで、これからどれくらいの収納スペースが必要になるのかが見えてくるでしょう。

さらに、動線を考えることも重要です。
使い勝手の良い収納にするためには、大きさだけでなく収納の位置も大切でしょう。
例えば、お風呂で使うタオルや下着、パジャマは脱衣所に収納しておくことで、着替えがスムーズになりますね。
このように生活動線を考えながら収納を設置すると、さらに使いやすくなるでしょう。

□おすすめの収納をご紹介!

収納の間取りについてイメージしていただけましたか。
続いて、おすすめの収納をご紹介します。

1つ目はウォークインクローゼットです。
通常のクローゼットよりも広く、多くの荷物を収納できるのが特徴です。
室内に歩けるスペースがあるため、その場で着替えられるでしょう。
そのため、衣類が多いご家庭にはぴったりです。

鏡を置いておけば化粧台に行く手間も省けますね。

2つ目はウォークイン玄関収納です。
ご家族が多いご家庭にはこちらの収納がおすすめです。
玄関に広い収納があると、靴や傘、スポーツ用品などもまとめておけるでしょう。
また、ベビーカーなども簡単に出し入れできるため、小さなお子様がいるご家庭にもぴったりです。

3つ目はパントリーです。
パントリーとはキッチンにある収納スペースのことで、食品や調理家電などを保管できます。
買い置きをすることが多かったり、料理がお好きだったりする場合はこのスペースがあると便利でしょう。
ご家族が多くて食材がたくさん必要な場合にもぴったりです。

また、災害が起こったときに備えてパントリーに非常食を保管しておくのもよいですね。

4つ目は屋根裏収納です。
使用頻度が低いものは、屋根裏に収納すると良いでしょう。
例えば、スキーやマリンスポーツ用品などは使う季節が限られているため、手の届く範囲に収納する必要はありませんよね。

また、アルバムなどの記念品も頻繁に見るものではないでしょう。
そのようなものは屋根裏に収納することで、スペースを有効活用できます。

□まとめ

今回は注文住宅の収納についてご紹介しました。
どのような収納があるのか、イメージはつきましたか。
収納について考える際には、ご自身の住宅に必要な収納の広さや家族の生活動線を考慮し、失敗のないようにしましょう。
他にも注文住宅について不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ