注文住宅の間取りでお悩みの方へ!家事動線の良い間取りを作るためのポイントとは?

注文住宅はご自身で間取りを0から作れることが大きな魅力ですよね。
ただ、実際に間取りを考え始めてみると「何から考えたら良いかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
使い勝手の良い間取りにするためには、家事動線を意識することが大切です。
今回は家事動線を意識した間取りについてご紹介します。

□間取りに失敗してしまった例をご紹介

家事動線を意識していない間取りでは、住み始めてから不便に感じるでしょう。
はじめに、家事動線を考慮せずに失敗してしまった例をご紹介します。

最も多いのは洗濯がしにくいというものです。
洗濯には、洗う、干す、たたむ、しまう、という一連の工程が含まれていますよね。
そのため、洗濯機の位置と干す場所が離れていると洗濯物を運ぶのが大変でしょう。

また、洗い場が1階に、干す場所が2階に配置されている場合は、洗濯のたびに階段を上り下りする必要があります。
水分を含んだ重い洗濯物を持って移動するのは大変でしょう。

次に、オープンキッチンにしたけれど使いにくかったというものです。
近年人気を博しているオープンキッチンは、壁やカウンターなどの仕切りがなく、開放感や一体感を生み出せることが特徴的です。
家族とのコミュニケーションも取りやすいため、特にお子様がいらっしゃるご家庭にはぴったりでしょう。

しかし、冷蔵庫の向きを考えなければ使いにくくなってしまう可能性もあります。
また、パントリーと冷蔵庫までの距離が遠いと使い勝手が悪いと感じてしまうでしょう。

最後に、コンセントの数や位置で失敗したというものです。
調理家電の数が多いと、その分コンセントの数も多い方が良いですよね。
このことを考慮していないと、コンセントが足りなくなってしまうことがあるでしょう。
キッチンで長い延長コードを使用するのも不便ですよね。

□家事動線を考えるポイントをご紹介!

せっかく新しい住宅を建てたのに、いざ住み始めたら不便だったという思いはしたくないですよね。
では、どのようなことを意識して間取りを作れば良いのでしょうか。
上記でご紹介した失敗例をふまえて、家事動線を考える際のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、洗濯物を洗ってから干すまでの動線を効率的にすることです。
洗い場と干す場所は近くに配置することをおすすめします。
また、2階のバルコニーに干すまでの動線を短くするために、浴室や洗い場を2階に配置するのも良いでしょう。

2つ目はキッチンの回遊性を意識することです。
オープンキッチンの中でも、アイランドキッチンは回遊性が高いという特徴があります。
調理、配膳、片付けがスムーズに行えるでしょう。

また、お子様と一緒に料理をしたり、友人を招いてパーティーをしたりする際にも便利なタイプです。
キッチンのタイプにはいくつか種類があるため、ご自身のライフスタイルに合わせて使い勝手が良さそうなものを選びましょう。

3つ目はコンセントの数と配置の計画を立てることです。
今どれくらいの家電があるのか、キッチンではどこでどのような家電を使用するのかをイメージしておきましょう。
家具や家電を置いてしまうとコンセントが見えなくなってしまうこともあるため、数だけでなく位置も意識することが大切です。

間取りを考える際は以上の3点を意識することで、家事がしやすい住まいになるでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅の間取りを考える際の家事動線についてご紹介しました。
家事動線を意識していない間取りでは、住み始めてからストレスを感じてしまうでしょう。
間取りを考える際は今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。
当社ではお客様が快適に住み続けられるプランを提案しておりますので、ぜひご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ