いつの時期にメンテナンスすればいいの?注文住宅の業者がお答えします!

注文住宅を購入した後、いつ頃にメンテナンスすれば良いのか分からない方はいらっしゃいませんか。
タイミングを見極められると、メンテナンスの際に多額の費用が請求されることは避けられるでしょう。
そこで今回は、時期別でメンテナンスの方法をご紹介します。

□メンテナンスの重要性

せっかく新しい住宅を建てても、長い間住み続けると、雨風や日々の積み重ねによる経年劣化が発生します。
細かいメンテナンスしなくても十分暮らせているから大丈夫だとお考えの方もいるかもしれませんが、何十年も快適に住み続けるためには、定期的なメンテナンスが必要でしょう。

しかし、マンションに比べて一戸建ての住宅に住んでいる人の方が、メンテナンス費が見落とされやすいと言われています。
その理由の1つとしては、マンションには共用部分に対する購入後の管理費や修繕積立金等があるのに対して、一戸建てにはそういった積立金が存在しません。
住宅関連のメンテナンスには想定外の出費が伴う場合があるため、どのタイミングでどのくらいの支出があるかを知っておくことは重要でしょう。
自然災害の予測はできませんが、経年劣化によるおおよその修理時期は分かります。

では、メンテナンスする時期はどのポイントで見分ければいいのでしょうか。
メンテナンスの時期を考える上での重要な指標は、耐用性と耐久性です。
耐用性とは、今も使えるけれど便利さや安全面で使いにくくなるかの性能を指しており、利用されなくなるまでの期間を耐用年数と言います。
一方で、耐久性とは機能として使い続けられなくなるかの性能を指しており、このような状態になるまでの期間を耐久年数と呼びます。

この耐用年数や耐久年数はあくまで指標の1つに過ぎず、設備や部材など部位によって異なるので、参考程度に留めておきましょう。

□時期別でのメンテナンス方法

ここからは時期別でメンテナンスの方法をご紹介します。
この後の文章を読めば、どのような点を注意すれば良いかが分かるでしょう。

まず、築5~10年の住宅です。
築5年の住宅は比較的新しいイメージがあるかもしれませんが、ちょっとした部分の破損や汚れでも放置しておくと、状態が悪化するでしょう。
内装では、クロスの変色や汚れが現れやすい時期だと言われています。
状態の悪化を防ぐためには、アンモニアを含む専用の洗剤を用いたフキンなどで清掃してみてはいかがでしょうか。

次に築10~15年の住宅ですが、この時期は給排水管などの設備機器の更新が必要でしょう。
具体的にはトイレや浴室といった水回りのチェックを行いましょう。
使用頻度の高い水回りは劣化しやすい場所なので、不具合が発生しやすいのです。
また、外壁において、もシーリングの劣化やタイルの剥がれなどの症状が見えてくるため、清掃を通したメンテナンスをしっかり行いましょう。

築15~20年の住宅では、給排水管だけでなく空調機器も痛むようになり、内装と外観ともに入れ替えを考える時期でもあります。
ただし、修繕費削減のために劣化した部分だけを交換するする方法もあります。

築20~30年の住宅では、入れ替わりを済ませておくのがおすすめです。
修繕費用も放置しておくと、数百万~数千万とかなりの高額が請求される可能性もあるため、日ごろの清掃を通したメンテナンスは必要不可欠です。

□まとめ

今回は、時期別でメンテナンスの方法をご紹介しました。
時期によって劣化するポイントや症状の度合いは違いますが、全体を通してこまめな清掃は必要になります。
一戸建ての住宅こそ、メンテナンスを普段からした方が後々の費用を抑えられることにつながりますので、ぜひ住宅を購入された際は意識してみてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ