バルコニーの広さの目安はどのぐらい?注文住宅の業者がお答えします!

注文住宅をお考えの方で、バルコニーを作ろうと思っている方はいらっしゃいませんか。
バルコニーを作る際に、どのくらいの広さがあると良いのか気になる方も多いかと思います。
そこで今回は、バルコニーの広さの目安をご紹介します。

□バルコニーの広さ

バルコニーの広さは、バルコニーの利用用途によって変わってきます。
そこで今回は、バルコニーを作る目的ごとにおすすめの広さをご紹介します。

まずバルコニーを作る目的として多いのが、洗濯物や布団を干すため、ではないでしょうか。
この目的を持っている方は、何枚の布団を干したいかを考えましょう。
布団1枚の幅が1メートルなので、それを基準に考えると広さの目安も決まってきます。

例えば、家族3人なら、3.5メートルくらいの幅があると、使いやすいバルコニーになるでしょう。
奥行きに関しては1.35メートルほどあれば、ゆったり干せる空間が出来上がります。

次に紹介するのは、室外機を置くためにバルコニーが必要になるケースです。
室外機は、エアコンの電力効率を最適にするためには、室内機の近くに設置する必要があります。
もし2階にエアコンを設置する場合は、配管を下の階におろして室外機を設置するよりも、バルコニーに置いた方が値段を抑えられるかもしれません。
広さの目安としては、室外機を2台以上置くのであれば、最低でも幅は2メートル、室外機を置いて洗濯物を干したいとお考えの方がいれば幅を4メートルほどは確保しておきましょう。

バルコニーを作りたい方の中には、バルコニーを第2のリビングとして活用する方もいらっしゃいます。
その場合は、バルコニーに置くテーブルや椅子の大きさを想定しながら広さを決定しましょう。
ゆったりと使いたい場合には、幅は4メートル、奥行きが2メートルほどあると良いでしょう。
このように、バルコニーの広さを決める際は、バルコニーを何に使いたいのか、また家族の人数など想定して決めると良いでしょう。

□バルコニーを作る際のポイント

ここまで、利用用途に応じたバルコニーの広さをご紹介しました。
しかし、バルコニーを作る際に注意すべきポイントは広さだけではありません。
ここからはバルコニーを作る際に、意識すべきポイントをご紹介します。

1つ目にはバルコニーを作る位置です。
位置を考える際に気にすべき要素は、動線と方角です。
例えば、毎日洗濯物を干すためにバルコニーを作ろうとお考えの場合、洗濯機に近い場所の方が、家事がより便利になるでしょう。

方角に関しても、一般的に南向きのバルコニーは一日を通して明るく、部屋にも日差しが入ってくるためおすすめです。
ただし、夏場は部屋が暑くなり過ぎるかもしれないので、その点は留意しましょう。
また、プライバシーを確保するために、周辺からの視線をうまくカットした方角にバルコニーを作るのも良いでしょう。

2つ目に、使い方によってバルコニーの種類を選ぶようにしましょう。
例えば、家族で食事やアウトドアを楽しみたい方にはルーフバルコニーがおすすめです。
通常のバルコニーよりも面積が広いため、のびのびとした開放的な空間が楽しめる特徴があるからです。

一方で、土地が狭く一般的なバルコニーだと十分な広さがとれない場合は、屋上バルコニーがおすすめです。
屋上バルコニーは周囲の視線を気にすることがないため、プライベートな空間を確保できるでしょう。
屋上バルコニーであれば、夏に近所でやっている花火が見られることもあるかもしれません。

□まとめ

今回は、バルコニーの広さの目安をご紹介しました。
バルコニーの広さを考える際は、使い方をイメージしながら、利用用途に合わせて広さを決めていきましょう。
また、動線や方角を意識しながらバルコニーの位置を決めると、後悔しにくくなるでしょう。
注文住宅でお困りの際はお気軽に当社までご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ