注文住宅をお考えの方へ!お風呂を作る際のポイントをご紹介します

注文住宅をお考えの方で、お風呂の間取りでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
お風呂を作る際に、どんなポイントを意識すれば良いのか分からないと、間取りを決めるのは難しいかと思います。
そこで今回は、お風呂を作る際のポイントをご紹介します。

□お風呂の種類

お風呂は特徴ごとで3種類に分けられており、間取りを考える際にはまずどのタイプのお風呂を作るかが重要になります。
最初に3種類のお風呂の特徴をご紹介するので、風呂の種類が分からない方はぜひ参考にしてください。

まず最初に紹介するのがユニットバスです。
ユニットバスとは、事前に壁や天井、浴槽などのパーツがセットで製造され、それらを施工現場で組み立てるお風呂のことです。
また、家を建てるときに1番使われているお風呂で、人気もあります。

メリットは、現場ではすでに完成されたパーツを組み立てるだけなので、時間を短縮でき、さらに品質のムラもほとんどないことです。
一方、デメリットは工場でお風呂を作るので、決まった形や種類の中からしか選べないということです。

次に紹介するのは造作風呂です。
造作風呂とは、完全にオーダーメイドで作るお風呂のことです。

メリットは、形やサイズ、使う素材を自由に選べることでしょう。
自由度が高いため、作る場所や形状を変えれば半露天風呂にすることも可能です。
お風呂が好きな方にはおすすめの方法と言えます。

一方で、デメリットは、価格が高く、作り方によっては掃除やメンテナンス性が悪くなる場合があることです。
水漏れのリスクもあるため、木造住宅で造作風呂を作る際は1階に作るのが良いでしょう。

最後に紹介するのがハーフユニットバスです。
ハーフユニットバスとは、浴槽や床などはユニットバスと同じように作られ、壁や天井は現場で作られるお風呂のことです。
メリットは、ユニットバスの良いところと、壁デザインの自由度を併せ持っていることでしょう。

一方、デメリットは浴室の工事がユニットバスよりも難しいため、慣れている会社に依頼するのがおすすめです。
価格の面でもユニットバスの高級グレードと同じぐらいの費用がかかることを覚えておきましょう。

□お風呂を作る際のポイント

これまで、お風呂の種類についてご紹介してきました。
ここからは、お風呂を作る際のポイントを2つ紹介していきたいと思います。

1つ目に紹介するのはお風呂の広さです。
快適なお風呂を設計するには、浴槽の広さは大切な要素でしょう。
間取りを考える際に、LDKや収納と比べてお風呂は後回しになりやすい空間です。
しかし、お風呂は家族全員が使う共有空間でもあり、気持ちを切り替えられる空間でもあります。
なかでも、浴槽の幅は重要で、足を伸ばして入るか曲げて入るか、1人で入るか数人で入るかなど、状況に応じて適切な浴室の広さは変わってきます。
お子さんとの入浴を想定されている方は浴槽の広さを約1.25坪で作るのがおすすめでしょう。

2つ目に紹介するのはお風呂場の窓の配置です。
お風呂場の窓の役割として重要な要素は、採光と通風の2つです。
使いやすいお風呂にするためにも、できるだけ屋外から太陽の光が入りやすい位置に窓を配置し、開け閉めのできる窓にして風通しを良くしましょう。

また、外を眺めるために窓を配置したいとお考えの方にも、開閉式の窓をおすすめします。
ガラス窓も一見おしゃれに見えますが、入浴時は浴室の窓は曇るので、景色を眺めたい方には不向きでしょう。

□まとめ

今回は、お風呂を作る際のポイントをご紹介しました。
お風呂を作る際は、まずどんな種類の風呂を作ろうとしているのか、そしてどのくらいの広さが必要なのかを考えましょう。
注文住宅でお困りの際はお気軽に当社までご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ