素晴らしいお家をつくるのに欠かせない事

 

こんにちは。R+house守谷・柏の住宅アドバイザー佐藤です。

 

めっきり寒くなってまいりました

今年の冬は、コロナに加えインフルエンザにも気をつけなくてはいけないとのこと

いつもの冬とは大部、状況も変わっているようです

 

まさに踏んだり、蹴ったりですね・・・・

 

さて、そんな踏んだり、蹴ったりにちなんでですが

 

私は、前回の休みに、昔お世話になった先輩に

拉致されて誘われ、お酒を飲みに行ってきました

 

まあ、上記イラストイメージが誇張でないような、かなりインパクトがある方々でして

大方の方は予想がつくと思いますが武勇伝が大好き

 

こちらの武勇伝ではありませんが

 

一人で5人倒したとか、集団を壊滅させたとか・・・品性のカケラもない話です

私は、印象派の絵が素晴らしいとか、もっと文化的な話がしたいのですが・・

嘘です・・・すみません

 

こんな時は必殺奥義 『さしすせそ』を駆使するしかない

 

 

けれど相手は×3人です

まさに

 

武勇伝無限地獄

しかも、漢と書いておとこと読むような人たちなので

 

『俺の酒が飲めないのか!!』

始まりました。たちが悪い事にアルコール度数のたかいテキーラの強要です

 

まさに踏んだり蹴ったりですね(使い方は少し違うかも)

 

さて前置きが長くなりましたが

今回のテーマお話したいテーマは『かかせないもの』です

先程の話もなんだかんだ言ってもいろいろと昔お世話になった先輩なので

私にとって欠かせない人たちではあります

 

そして私の仕事は、皆様が素敵な家をつくるお手伝いをすることですから

そんな家をつくるには何が欠かせないのか?

こちらが大事になってきます

 

そこで、ない頭で色々考えたのですが

その答えの一つとして『お庭』ではないかと思い当たりました

 

 

実は最近、とてもお世話になっている取手のS様邸にお伺いさせて頂きました

S様ご一家はご自分の現場を完成見学会会場に提供して頂ける、とても心の広い方の一人です

日程の関係もあり、9月中旬に開催した見学会時点では、

境界工事も含めた外周りの工事は終了してませんでした

 

その時の写真がこちら

 

 

そしてこれが、つい先日お訪ねした時の写真(逆光ですが)

 

 

どうですか

 

全然ッ違いますよね

しかも今の季節ですので、これから春になり

植栽が増えてきたら、もっと素敵に見えるはずです

 

細かくみていきましょう

まずはこの鉄籠に覆われた砕石、ガビオンと呼ばれるものですが

これが素晴らしい!!

 

ガビオンは過去にも複数のスタッフが書いています

 

ガビオン ~ナチュラル素材~

『ガビオン』

 

 

上記記事を含めいつもお洒落な記事を書いている

大石スタッフによれば

カビオンとは

日本では昔から蛇籠と言われ、竹材や鉄線で編んだ長い籠に砕石を詰込んだものです。河川の護岸や斜面の補強などに使われてきました。ガビオンの中に入れる自然石の大きさや種類によって表情が変わり、自然にも馴染みやすい建材です

 

誰かが言っていましたが

スクエアな外観もあいまって、まるでスターバッ●スみたいです

とてもお洒落です

 

こちらは本家スターバッ●ス

 

そして奥に見える、色付きのブロックの配置は

 

 

この物件にインテリア担当の内田スタッフによると

キッチンタイルと同じ並びとのこと(これは知らなかったです・汗)

 

ちなみにこのブロックの色は近くにある保育園のママ友達にも好評とのこと

とても微笑ましいエピソードです

 

そして、後は何と言っても絶妙に配置された植栽

皆様も思い起こして下さい

 

大抵の住宅情報誌に掲載されている素敵なお家は、植栽がありますよね

少なくとも、建物だけの殺風景な家はないはずです

 

ただし

これはS様のお家みたいに格好いいお家だけのお話と

 

思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

論より、証拠

 

 

 

 

 

上記写真の数々は

私佐藤の実家の庭写真ですが、このようなあばら家でさえ

引き立つのですから

 

これから皆様が建てる家なら、なおさらです

写真の全ては、完全に私のおかんの趣味です

私は関西人ではありませんが

このような言い回しは、なぜか関西弁がしっくりしますよね

 

話を戻しますと

この業界では、家づくりで大事なのは、

お家提案より暮らし方提案

と言われております

 

建築家ガーデナー(簡単に言いますとお庭の専門家)は

一日中、そのことばかり考えているプロの集団です

 

私も仕事で、いつもご一緒することが多いのですが

やはりすごいの一言です

 

そして、あまり聞きなれない方も

いらっしゃるかもしれませんが

ガーデナー

彼らは何も、庭だけでなくて

お家の外と中を繋げてくれる専門家でもあります

 

結構やりたいことは、意外と家の中だけではなく

外のことも多く

しかもこのコロナの時代

 

安全にお家でご家族団らんっで楽しめたらいいですよね

 

皆様もそんな観点からもぜひ、

お家の中と外を分断するのではなく

つなげてお考えになってみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに先程の取手のS様のメインのお庭

休日はお友達を交えてわいわいやりたいという

S様の生活が実現化した夢あふれるお家です

 

 

ぜひ、皆様もS様に負けないような素晴らしいお家を

建ててください

 

その際は、お役に立てればうれしく思います

 

それでは失礼します

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ