こだわりポイント

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店、住宅アドバイザーの鹿野です。

 

 

本日、11月10日は「無電柱化の日」だそうです。

 

なぜ「無電柱化の日」かと言いますと 、日付の11月10日を「1110」とし、「1」を電柱に見立てて、それが「0」(ゼロ)になることを

 

願って定められたそうです。

 

電柱が無くなることで景観が良くなり観光の振興に役立ち、

 

巨大地震などに対する防災機能が高まることを広く世の中に知らせることが目的とのことです。

 

ちなみに私たちの本社がある守谷市も一部、無電柱化エリアがございます。

 

 

上記は守谷モデルハウスになるのですが、周辺に街灯はあるものの、電柱は一切ございません。

※守谷市松並青葉4-22-4 (常駐していないため、内覧希望の際はHPよりご予約ください)

 

 

〇で囲ってあるのが電柱の替わりとなっております。

 

初めて来たときは、建物ばかりに目が行き、気づかなかったのですが、よくよく見ると電柱がないことを教えて頂きました。

 

確かに無い方が景観が良く、とてもきれいに感じました。

 

 

 

さて、ある調査によるとお家を造られる上で各々こだわりポイントがあります。

 

1番は間取り、2番は外観、3番はインテリアになります。

 

この3つで約50%を占めております。

 

 

理想の間取りやカッコいいお家、照明やカーテンなどのインテリア。

 

間取りでいえば、生活動線や家事動線など、暮らしやすさや利便性を求められている方が多いようです。

 

人それぞれでライフスタイルが異なりますので、どこに何の部屋があり、どのように利用するのか。

 

これにより日々の暮らし方が変わってきます。

 

特に間取りで失敗したとされる意見が多いのは収納になります。

 

ではどうすれば自分たちにとって最適な間取りに出会うことができるのでしょうか?

 

設計士?一級建築士?であればそれが可能なのでしょうか。

 

要望がすべて満たされていれば、本当に暮らしやすい間取りになっているのでしょうか。

 

要望を入れるだけなら、自分で間取りを描くのが一番早いです。

 

 

失敗しないためにも、まずは正しいお家の買い方を勉強することから始めることをお勧めいたします。

 

では皆様、寒くなってきておりますため、くれぐれもご自愛ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ