ハンギング グリーン を DIY

 こんにちは。
R+house柏・守谷の大石です。 

緑と暮らす時間が増えた今日この頃。
柏たなかスタジオのOpen記念で購入したハーブ達が我が家でスクスクと育っています。


ステビア
(白い小花が次から次へと咲き始めました!)


グリークオレガノ
(近づくと、いい香りが漂ってきます!)

 

7月にOpenした柏たなかstudioを参考に、自宅にもハンギンググリーンをぞくぞく追加。
市販されている素敵なハンギングポットは高価な物が多く、一度に沢山増やせないのでDIYする事に。
ちなみに欲しいポットはこんな感じでした。

KINTO

 

ローゼンダール

 

柏たなかstudioの植物選定と配置等デザインは、全てGARDENS GARDENの宮本里美先生。
その宮本先生監修のもと、植替えはウェルハウジングスタッフ全員で行いました。

 

その中の、ハンギングポットの一つがとても斬新なアイディアで素敵だったので、真似たくて、見様見真似で作ってみました!
見本にしたのがこちら。

 

 

材料は全てホームセンターで揃います!
ブリーズホースバンド
径の種類が豊富なので、ポットの大きさに合わせて作れる事が魅力的。
径により価格は異なりますが、だいたい一つ¥400位。

 

オーバルスリーブ

ワイヤーを輪っかにして留める金具として使用。私は3点吊りで作ったので、6つ必要。
6つで¥134

 

ステンレスワイヤー
径のサイズが色々あり悩みます。
今回はとりあえず1.0mmに。
長さ10mm:¥163000mm購入。 

1番大変だったのが、ステンレスバンドの穴あけ。

 

こういう時に頼りになるのが、ウェルハウジング技術部スタッフ達

コツを教わり、再度チャレンジ!無事穴あけ完了。 

持て余していたキャンドルホルダーを、ポットの代わりにしてみました。

マイナスドライバーで、締め付けて完成。

 早速、植物を招き入れ吊るしてみました。


(ディスキディア エメラルド)
お洒落な空間を演出できたかな!?

 シュガーバインや、藁で作ったヒンメリなど植物を沢山吊るしてインテリアを楽しんでいます。

植物が置いてあるだけで、部屋が明るくなった様に感じます。
植物はどんなお部屋にもなじみやすいので、手軽にインテリアを楽しめます。
植物をみていると、なんとなく気分が和やかになり、心が癒やされる気がします。

 

そこで、おすすめしたいのが、11/14(土)11/15(日)に行われるビオラの寄せ植えのワークショップです。

準備する物は、材料費のみ!
汚れてもいい服装。又はエプロン持参でお越し下さい。
要予約

初心者向けですので、お子様と一緒に楽しみながら出来ます。
ビオラは様々な色・形が次々と品種改良されている植物ですので、当日どんなビオラに出会えるか楽しみにしていてくださいね。
手入れ次第で、春先まで花を楽しめます。 

そして、レッスン後にはティータイムでひとやすみ。
美味しいお菓子と、紅茶の本場、イギリスの美味しいお茶で、素敵な時間を過ごしませんか?

各回5組ですので、ご予約はお早目に。
ご連絡お待ちしております。

R+house柏・守谷
大石

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ