外壁のあれこれパート②

 

皆様こんにちは!

R+house(アールプラスハウス)営業アシスタントの田中です!

 

気温の変化が激しい今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は最近水筒を持ち歩くようにしていて、

ティーパックを購入し、暖かい飲み物で暖を取っています。

中でも最近ハマっているのは

「ハト麦茶」

美容と健康にいいらしく、即購入しました笑

効果は出ているのか今のところ分かりませんが

継続して飲んでみようと思います!!

これからの時期は乾燥するので

たくさん水分補給して内側からウルウルになってくださいね!!

 

ウルウルと言えば、

またまた私事ですが、

今や日本の経済の柱とまで言われているアニメ

鬼滅の刃の映画を見に行ってきました。

本当にもうすごい。とにかくすごい。

まだ見に行かれていない方は、

是非バスタオルを持参し、見に行ってください。

あ、あとマスクも2枚持って行った方がいいですよ!!

本当に胸が熱くなる映画でした・・・。

 

さて、本題です。

今回は前回ご紹介できなかった

サイディングの良いところ・悪いところをご紹介いたします!

まずは、窯業系のサイディングから!

窯業系は、釜で高温製造された外壁です。

【メリット】

セメントを主な原料としているため、防火性・耐震性に優れています。

また、バリエーションも豊富なため、窯業系のサイディングは住宅に一番使用されています。

【デメリット】

素材そのものの耐水性が弱い為、塗膜メンテナンスが非常に重要になってきます。

メンテナンスを怠ると、水が浸透してきてしまうため、規定の年数がたったら張替えを検討しなければなりません。

 

続きまして

金属系サイディング

【メリット】

アルミなどの金属でできているので軽くてとても扱いやすい素材です。

また、断熱性・耐水性・耐震性にも優れています。

【デメリット】

サビに弱い為、深くまで傷がつかないように気を付けなければなりません。

また、表面は熱を吸収しやすいため、色あせや変形をする可能性があります。

 

続きまして

木質サイディング

【メリット】

木質サイディングは、熱を吸収しにくく表面温度が上がらない為、断熱性に適しています。

また、ワンポイントで木質サイディングを入れることで

オリジナリティも出ます。

自然のものなので、お庭との相性も抜群です。

【デメリット】

本物の木を使用しているため、変色防止などのメンテナンスにかなり気を配る必要があります。

また、メーカーによってですが、木なので耐火性は劣ります。

 

最後に樹脂系サイディングです。

 

【メリット】

樹脂でできているため、水分をはじいたり、凍害にも強いです。

また、金属と同様にとても軽量な外壁でもあります。

サビないので、海の近くにお住まいの方にはピッタリの外壁材です!

劣化が起こりにくく、寿命が長いのでメンテナンスがとても楽になります。

【デメリット】

日本ではあまりポピュラーでない為、

そもそも取り扱が少ないのが現状です。

種類が少なく、選択士が現段階では限られています。

 

いかがでしたでしょうか。

外壁材によってはメンテナンスに苦労する場合もある可能性があるので

先を見越した選定も重要なんですね!

皆様もインテリアのお打ち合わせの際に、

メンテナンスについても聞いてみてくださいね♪

 

それでは♪

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ