.。.:✽・゚飾り棚をプラスして室内に変化を.。.:✽・゚

こんにちは!

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏の

CADオペレーターの佐藤です。

 

先日、

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』を

娘と観に行ってきました。

私感ですが、

後半は、涙.涙..涙…が

止まりませんでした~(T_T)

とてもいい映画でした~。

 

さて、今回は、

最近、テレワークなどで家にいる時間が長くなり、

そうなると、見飽きた家の中に変化が欲しくなり...

リフォームという大がかりなことは、

時間もお金もかかるので、

気分転換程度に、気軽に部屋の一角だけでも

変えたいなと考えている今日この頃...

飾り棚を足して、プチ変化させたいな、

と思い、飾り棚について調べてみました!

 

◆飾り棚(ウォールシェルフ)とは◆

その名の通り壁に付いた棚のことです。

サイズや材質・形状は様々ですが、

壁に直接つけられた収納スペースの

ことを指します。

特徴は、

収納にインテリアの要素をプラスした、

見せることも楽しめる収納スペース

だということ。

 

お気に入りの雑貨や植物などを並べて

お部屋の中に自分らしい小さな世界を

演出してみてはいかがでしょう?

取付簡単な飾り棚もあるので、

手軽に取り入れられます♪

我が家は無印良品の飾り棚を

使っていますが、

アイアンの飾り棚も気になります。


(鳩時計も無印良品です)

 


(こんな飾り棚が欲しい…)


(フックで掛けるタイプもいいですね)

 

☆「見せる収納」のメリットとは☆

普段収納しているものを見せるので、

実際にチャレンジするとなると、

ある程度のセンスや意識が必要になります。

ですが、

「常に見られることで清潔感が保てる」

「常に綺麗にしておくという気持ちが強くなる」

「決められた場所に物を片付けるようになる」

という、収納のお約束ともいえる最低限の片付けの

ルールを守る必要があります。


(お気に入りの食器だけ見せる収納にするのもいいですね)

 

「常に」キープするということは、

本当は私にはハードルが高くて

向いていないんです~w

でも!そんなことよりも、

家の中のインテリアの変化が欲しいので、

スキマ時間にプチ変化、頑張りたいと思います。

 

では!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ