。o○゚・*:.。.「ダクトレール照明」でおしゃれな空間を .。.:*・゜○o。

こんにちは。

R+hosue(アールプラスハウス)守谷・柏

CADオペレーターの佐藤です。

 

暑い夏が終わり、

涼しくなると聞こえてくるのが

セミとは違う、虫の声。

リーンリーン、コロコロコロ・・・

「ああ、もう秋だゎ~」と

実感するとともに、なんとなく、

淋しい気持ちになるのは

私だけでしょうか??

 

夏の終わりに、娘と共に

庭で採れたブルーベリーで

ジャムとベイクドチーズケーキを作りました。


(ジャム:折り紙と麻ヒモでラッピングしてみましたw)

 


(ブルーベリーチーズケーキ:
美味しそうに見えませんが美味しくできましたw)

 

仕込み中の味噌も完成まぢかなので、

季節を感じながら、

料理を少しでも楽しくやれたらいいなと

思います。

 

そして、最近の欲望ですが、

我が家のダイニングはシーリングで、

とてもシンプル。

最初は大きめのペンダント一灯を

付けていたのですが、

子供が宿題などをダイニングテーブルでやる

ことが多く、もっと明るさが欲しくて、

シーリングに変更。

実用性重視で、おしゃれさは全くないの

ですが。。。

数々のお施主様の図面やモデルハウス、

柏たなかスタジオを見ながら、

ダクトレール照明いいなぁと

強く惹かれている今日この頃です。

 

でも、最初に付けておかないと無理だろうなぁ、

後付けは大掛かりな工事が必要だろうなぁ、

簡単にできないのかな〜と調べてみたら、

「簡易ダクトレール」というものなら、

数千円程度で、照明をレールタイプに

交換できる!!

いつか付けてお部屋の

イメチェンをしてみたい!!です。

 

ということで、

今回はダクトレール照明についてのお話です。

 

◆「ダクトレール」とは◆

バー状に照明器具を取り付ける部品のことです。

別名「ライティングレール」とも言います。

レールの内側全体に電流が通っていて、

レール上のどこの位置でも取り付けが可能です。

もともとダクトレール照明は店舗や舞台などで

使われているものでしたが、最近は

家庭でも使用する方が増えてきています。

 

◆家庭でも簡単にダクトレールを取り付けられる?◆

最近では、ほとんどの家庭にある

「シーリング」や「ローゼット」と呼ばれる

電気配線の接続部分に設置できる

専用の簡易取付ダクトレールが

販売されています。

これを使えば電気工事を行うことなく、

自分で簡単に取り付けが可能になります。

簡易取付ダクトレールが設置できれば、

そこにスポットライトやペンダントライトなどの

照明器具が取り付けられます。

長さや設置場所もお好みに応じて

取り付けることができるので、

空間のアクセントにもなり、

優れものだと思います。

おしゃれなカフェやインテリアショップのような

照明の使い方を楽しむのも良いですね。

 

◇ダクトレールのメリット◇

照明が暗いな、少ないと思ったら

 後から付け足せる

1つのスイッチから複数の照明が付けられる

・照明を選ぶ幅が広がる

・LDKなど広い空間に有効的

・取り外しが簡単でシンプル

・レールに植物を吊るしたりして

 照明以外のものも取り付けられる


(柏たなかSTUDIO)

↑このようにスワッグなどをつけてみても

おしゃれですね。

 

おしゃれなカフェのように照明を変えたり、

付け足したりと後からアレンジが

できるのもうれしいですね。

 

◇ダクトレールのデメリット◇

・ダクトレールの色が黒または白の2色に限られる

・白い天井の場合、配線ダクトが気になる

 

上記の点が気になる人にとっては

デメリットになってしまうかもしれませんが

私にとってはデメリットというほど気になる

ポイントではありません。


(R+house施工事例より)

 

気になった方は是非、取り入れてみてください♪

 

では!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ