「食欲の秋」を快適に

こんにちは。

コーディネーターの新井です。

 

あっという間に夏が終わり、

半袖だと少し寒さを感じます。

 

さて今回は、

「食欲の秋」を快適にする

様々なお家やお庭の工夫をご紹介いたします。

 

 

まずはなんと言っても『キッチン』。

 

最近のキッチンは

作業や片付けがしやすいよう、様々な工夫がされています。

 

 

 

例えば、

弊社の標準仕様として採用しているTOTOのキッチンは、

シンクの形状に細かいこだわりがあります。

 

「すべり台シンク」と呼ばれるもので、

排水溝を角につくり、

野菜くずやごみがすべり台のように流れていく仕組みです。

 

 

手を止めずにすむので、

食器洗いもスムーズです。

 

 

 

また、水栓にも

快適にするための工夫が。

 

こちらは「水ほうき水栓」。

 

幅広のシャワーと斜めの形状が特徴です。

このように、まるでほうきで掃くように

シンクの内側を洗うことができます。

 

 

オプションで

「つま先らく押し水栓スイッチ」を付けることも可能。

 

ハンバーグをこねた時や

サンマをさばいた時にも、

水栓レバーを触らずに手を洗うことができるので

とってもおすすめです。

 

 

 

 

できた食事を味わう「ダイニングスペース」も、

快適さを追求してこだわった空間に。

 

キッチンと横並びにすることで、

できたてあつあつのお料理を

そのまま並べることができます。

 

 

お食事中にお庭の景色が見れる配置もおすすめ。

紅葉を楽しめる樹木を植えれば、

秋の味覚を堪能しつつ、体全体で季節を感じることができます。

 

 

 

また、お庭で育てた野菜を

食卓に取り入れることも素敵です。

 

 

 

食欲の秋を快適なものにするために、

様々な目線で、様々な工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ぜひ、モデルハウスで体感してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

R+house 守谷・柏

インテリアコーディネーター 新井

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ