外壁のあれこれ①

皆様こんにちは。

R+house守谷・柏(アールプラスハウス)の田中です!

 

 

先日、社外に出ていた際になんと虹に遭遇しました!!

こんなにはっきり見えた虹を見たのはいつ以来でしょう…

最近は短時間のゲリラ豪雨が激しいので

外出する時は特に天気予報のチェックは欠かせないです。

 

欠かせないと言えば、もう少しで決まる新総理大臣。

令和おじさんこと菅さんなのか。

石破さんなのか岸田さんなのか…

誰になるのかコチラも必見ですね👀!!

 

さて、お話変わりまして本日は

ステキな〇〇シリーズはお休みし

『外壁のあれこれについて』お話致します!!

 

まず、お家の外壁を大きく分けると3つに分けられます。

〇サイディング

〇タイル

〇モルタル

 

上記それぞれさらに種類がありますので、

今回はよく使われているサイディングについてお話致します。

サイディングの種類だけでもざっとこれくらいあります。

 

〇窯業系サイディング

窯業系サイディングで使用されている材料はセメント質なので衝撃や火に強く、

全体的に耐久性の高いサイディングです。

デザインも豊富なため、住宅外装で一番一般的に使用されている外壁です。

 

 

〇金属系サイディング

金属系サイディングの素材は鋼板と裏打材です。

裏打材には断熱材が用いられているため、断熱性が高いのが特徴です。

原料が金属なため、窯業系と比べて長期間メンテナンスをする必要がないので、

比較的お手入れが簡単な外壁と言えます。

さらに窯業系と比べて軽量なため、地震が来ても建物への負担が最小限に抑えられるのも一つの特徴です。

 

〇木質系サイディング

自然素材の木に塗装を施したサイディングです。

天然の木を使用しているので一つ一つ模様が違うので

味があり、温かみのあるデザインに仕上がります。

自然素材を使用しているので窯業系のサイディングに比べると

メンテナンス期間に気を付けなければなりません。

 

〇樹脂系サイディング

材料は塩化ビニル樹脂製で作られています。

日本ではあまり使用されてはいませんが、アメリカでは比較的ポピュラーな外壁です。

軽量で撥水性に優れ、弾力性が高い原料を使っているため、

耐久性、耐天候性に優れているのが特徴です。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/734860864188088104/

 

それぞれメリット・デメリットがありますので

次回はメリット・デメリットについてお話致します。

 

外壁によって、お家の印象はグッと変わってきます。

現在お家をお考えの方もこれからの方も

自分がお家を建てるとしたらどんな外壁材を使って

どんな色がいいか、考えてみてくださいね♪

 

それではまた次回!!

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ