TVを見るために

こんにちは。

コーディネーターの新井です。

 

 

さて皆様、

新型コロナウイルスの影響でなかなか外出できない日が続き、

ご自宅でテレビを見る機会も増えたのではないでしょうか。

 

 

 

私も普段はあまり見ることがないのですが、

毎シーズンの連続ドラマをチェックし、

面白そうなものは見るようになりました。

 

そんな中ハマってしまったのが

『半沢直樹』。

 

面白いですね~!

 

前作から「面白い」と話題になっておりましたが、

とりあえず日テレがずっとついている状態の我が家では

TBSにチャンネルを変えることがほとんどなく、

前作は一度も見ずに終わってしまいました。

 

そんな中ダイジェストの放送があり、

なんとなく見てみたところ、

「・・・これは面白い!」となり。

 

やっと

「やられたらやり返す、倍返しだ!」

「大和田常務」

「土下座」

などのワードの意味が理解できました。(笑)

 

 

何かおすすめのドラマや映画があったら

ぜひ教えて下さい。

 

 

 

 

 

 

さて、今回は

「テレビを置く場所」について

様々な施工事例をご紹介致します。

 

(柏たなかスタジオ)

 

 

お家を検討する際に、

壁掛けテレビにしようか、

何インチのテレビを買おうか、

どんなTVボードを選ぼうか、などなど

悩むポイントはたくさんありますよね。

 

日常生活に欠かせないテレビの配置、

こちらも建築家に要望を伝えると、

とっても素敵なプランが仕上がります。

 

 

 

こちらの大きな吹抜けがリビング上部に広がるお家は、

階段の手摺に合わせて、黒のアイアンを取り入れたTVボードをセレクト。

 

 

家具やペンダント照明も合わせて、

統一感のあるまとまった空間に仕上がります。

 

★お客様インタビュー:

シェフ&パティシエ夫婦が叶えた『庭を楽しむ家~おもてなしのソースを添えて~』

 

 

 

 

 

また、最近は畳コーナーにテレビを置いて、

ゴロゴロしながら見たいといったご要望も多く見られます。

 

 

こちらのお家は、

低めのソファを壁際に置いて

寝転がってテレビを見れるように配置。

TV用のカウンターは

タモの集成材で造作しました。

 

細かく寸法を指定できるのが造作のメリット。

予め何を置くのか想定しておくと便利です。

 

 

 

 

 

間取りによっては、

TV用の壁面を確保しにくい場合もございます。

 

 

こちらのお家は、掃き出し窓を2ヶ所大きく作ったため、

TVの配置に悩みましたが。

 

さすが建築家の先生。

うまくコーナー部分を使って

すっきりとしたTVカウンターを提案してくださいました。

 

両サイドの掃き出し窓から光が入るので、

画面も明るく見やすく、お子様の目にも安心ですね。

 

 

 

また、こちらのお家も場所に工夫がされています。

 

なかなか活用方法に悩む鉄骨階段の下に、

壁掛けテレビ用のスペースを確保しました。

 

キッチンからもまっすぐ繋がる位置なので、

料理番組を見ながら作業、なんてことも可能ですね。

 

 

 

 

また、TVを置く面にアクセントを持ってくると、

とてもかっこよく仕上がるのでおすすめです。

 

 

TVの背面にエコカラットと呼ばれるタイルを施工。

グレーの凹凸がかっこよく陰影を演出します。

 

★お客様インタビュー:

より良く暮らす。建築家とカタチにした、暮らしやすい住まい。

 

 

また、初めからカウンターを作らずに、

家具を置くこともおすすめです。

 

こちらのお家のお施主様は、

家具にこだわってインテリアを計画。

 

 

モルタルの床の無機質さと、

家具の素材感がとても素敵ですね。

 

★お客様インタビュー:

モルタルフロアとこだわり家具の家

 

 

 

 

 

このように、TVを置く面ひとつでも

様々な方法があり、毎回たくさんの工夫が見られます。

 

建築家ならではの提案も

毎回「なるほど~」と感心してしまいます。

 

 

 

日常生活の中でテレビを見る機会が増えた今だからこそ、

間取りや配置にこだわってみませんか?

 

モデルハウスでもご相談頂けます。

現在悩んでいること、理想、入れたい家具などなど、

ぜひ色々お聞かせください^^

 

 

 

 

 

R+house 守谷・柏

インテリアコーディネーター 新井

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ