5th ROOM

こんにちは R+house(アールプラウハウス) 守谷・柏 技術部 三村です。

今回は『家』と『お庭』の関係ついてお話ししたいと思います。

 

通常家とお庭は別々に考えがちです。

しかし、設計の段階でお庭の計画もたてしまえば

完成した時には、そこには、自然あふれる『5番目のお部屋』が

現れます。

 

『お庭は屋内も快適にしてくれる』

例えば、庭に植えた木は暑い夏の日差しを遮り

葉が散った冬には太陽の暖かい光を室内に取り組みます。

ギラギラとした夏の日差しを遮る

『緑のカーテン』ゴーヤ・アサガオなどが代表的ですよね!

毎日を快適に過ごす工夫。

『屋外にもダイニングのようなコミュニケーションスペースを作る』

テラスやポーチなどを彩る存在として欠かせなくなったのが

『ガーデンファニチャー』です。

屋外で使える家具のでは、ソファーやテーブルセットなどがありますよ。

これらの家具によって個性や雰囲気が作り出され

庭の過ごし方も変わっていきます。

欧米ではこの家具を置いた空間を楽しむ

「アウトドアリビング」の文化が根付いており、

招いたお客様や家族とのコミュニケーションをする場として活用されています。

室内での暮らしでは味わえない風や光などの自然を感じ、食事をしながら尽きることない会話を楽しみます。

この空間があるのは敷地的には屋外ではありますが、室内と屋外をつなぐ、中間領域のようなイメージです。

リビングでもあり、ダイニングでもあり、お客様を通しておもてなしをする応接室でもあります。住まいの中で、

一言で表せないような重要な役割を果たす5番目のお部屋作りはいかがでしょうか?

今回はこの辺で。

R+house(アールプラウハウス) 守谷・柏 技術部 三村でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ