○○と暮らす家

みなさんこんにちは。

アールプラスハウス守谷・柏の田村です。

今年はコロナウイルスの影響で、いつもと違う夏を過ごしている方も多いのではないでしょうか?

さて、今回は「○○と暮らす家」について紹介したいと思います。

皆様は○○と暮らす家と聞いて何を思いつきましたか?

 

例えば・・・

ペットと暮らす家

ウェルハウジング施工事例 S様邸

 

家を建てるなら家族の一員であるペットも快適に暮らせる家にしたいですよね!

ペットを飼う住宅の内、犬の場合は約7割が室内飼いだそうです。

ペットがお留守番をすることになるならペットと人が安全に暮らせ

安心して家で過ごせるような対策が必要です。

ペットの生活スペースとなる床材は滑りにくい素材を選んだり、階段を緩やかにしたりと

ペッとの体に負荷がかかりにくくする工夫もできます。

もちろん人間にとっても優しい構造になりますよね!

 

犬と暮らす場合、散歩に行きやすいようにリードやハーネスを付けたり

帰ってきたら足を拭くことができるような広いスペースがあると便利です!

散歩ケア用品を収納できる場所や

そのまま浴室やトイレに移動しやすい間取りにするのも良いかもしれないですね!

 

私は将来、広いお庭で犬たちを自由に走らせて

それを眺めていたり、一緒に走ったりするのが夢です!(笑)

 

つづいて・・・

車と暮らす家

車やバイク愛好家にとってかかせないのが、ガレージの確保。

ビルドインガレージ、ガレージハウス、屋根付きカーポートなどたくさん種類があります。

テレビを見ていても、食事をとっていてもリビングからいつでも愛車が見える家。

ビルドインガレージひとつとっても、1階に独立させたり、書斎やリビングとつなげたり作り方は多彩です。

ライフスタイルに合ったガレージを持つと愛車ライフがグッと充実しそうですね!

 

最後は

植物と暮らす家

ウェルハウジング施工事例 H様邸

 

良い庭をまとうとお家がもっと素敵に見えます。

隔てるための外構ではなく、外部空間を住まいの一部として捉えることで

暮らしに彩りを添え美しい街並みをつくります。

 

GARDENS GARDENはすべての人に「ちょっと豊かな」暮らしを届けたいと考えています。

皆様もお庭のある暮らしを体感してみてください。

 

以上、○○と暮らす家のご紹介でした!

皆様も○○と暮らす家について考えてみてくださいね!

それでは!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ