実家の点検~築15年の住宅のリアルな現状~

 

 

皆様こんにちは!!

 

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店 住宅アドバイザー湯口です。

 

暑い日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか??

 

僕は先日、お盆休みを3日間頂いたので、静岡の実家に帰省いたしました。

 

ほぼとんぼ返りの帰省にはなりましたが、家族や友人とゆっくりと過ごすことができました!!

 

時々ブログで今住んでいる賃貸の悲惨さを綴っておりますが、

今日は、僕の実家(築15年の戸建住宅)のリアルな現状を綴ろうと思います。

 

僕の実家は、15年前に、建築条件付きの土地に、

規格型住宅(セミオーダー)を建てたお家になります。

 

この業界に入ってから、自分の実家をチェックしたことはなかったのですが、

興味本位で、軽い気持ちでチェックしてみることにしました。

 

 

まずは外壁からチェックしてみました。

 

外壁材は様々な種類があることは皆様もご存じだと思いますが、

 

我が家の外壁材は、「窯業系サイディング」です。

 

 

 

 

ちなみに、日本の住宅で使用されている外壁材は大きく分けて6種類ほど在り、

窯業系サイディングはその中で、最もポピュラーな外壁材です。

 

参考までに、ネットで見つけましたので↓↓

 

 

 

 

窯業系サイディングは、施工方法によって、メンテナンス期間が大幅に変わります。

 

釘打ちや、ひっかけ等、いくつかの施工方法がある中で、

 

我が家は、、、

 

釘打ちでした。

 

 

 

 

写真はイメージ写真にはなりますが、

本当にこのような状態になっていました。

 

釘打ちの施工方法としては、

一定のスパンで、外壁材の外側から釘を打って固定する施工方法です。

 

雨水により、釘が錆び、その錆が伝わっていき、

次第に、外壁にひびが入っていきます。

 

さらにここから雨水が侵入していき、、、

考えるだけでも恐ろしいです。

 

ちなみに、外壁の張替えは、材料代や人工に加え、足場を組む必要があるので、

メンテナンス費用がとても高いです。

 

我が家も数年後に張替えが必要と考えると、すごく悲しい気持ちになります。

 

 

 

次は断熱材をチェックしてみました。

 

壁を破壊して中を確認するわけにもいかないので、

ユニットバスの天井点検口を開け、チェックしました。

 

断熱材の種類は、、、

 

ロックウールでした。

 

 

 

 

↑写真はイメージ写真ですが、我が家の場合、天井部分にも、ロックウールが充填されていました。

 

「充填されていた」だとお伝えの仕方が間違っていました。

「断熱材はあるのだが、重力により垂れ下がっている」

状態になっていました。

 

↓がもっとぐちゃぐちゃなった感じです。(言葉足らずですみません)

 

 

 

 

壁の中がどうなっているのか心配でたまりません。

 

恐らく、あと15年後くらいに、不意に壁紙にカビが発生する予感がしております。

 

ちなみに、壁紙にカビが発生すると、

その奥側ではこのような現象が起きていることでしょう(少しオーバーな写真ですが)

 

 

 

 

ご参考までに、主要な断熱材の種類一覧の図を貼っておきます。

 

 

 

 

軽い気持ちでチェックした我が家ですが、

正直ショックを受けました笑

 

念願のマイホームを手に入れ、

10年後、20年後に後悔するようなことは、皆様にはしていただきたくありません。

 

住宅を購入する際に、

何を基準にしたら良いのかモノサシをお持ちでしょうか?!

 

恐らく、多くの方が、

金額や、おしゃれなキッチンが導入できるかどうか、営業マンとの相性

等で、住宅会社を選ばれていると思います。

 

もちろん、それらのことはとても大切ではありますが、

「家の性能」

に目を向けていくことを推奨させて頂きます。

 

性能の良い家に住み、快適で健康でメンテナンスコストのかかりにくい家に、

次の次の世代まで住み続ける。

 

そんなお家づくりができたら素敵だと思います。

 

 

今週はこの辺で!!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ