Work Space

こんにちは、R+ハウス守谷・柏技術部の三村です。

 

最近、新型コロナウイルス感染者が増加し

皆さんも大変な思いをされていると思います。

 

 

新型コロナウイルスをきっかけに在宅ワークに関心が

もたれ、自身の家の良さに気づいた人が多い一方で

改善点を見出す人もいるようです。

 

『問題点』とは?

 

① 書斎スペースなど在宅ワークスペース。 40%

 

リビングとの間にガラスの扉が設けられています。
空間は仕切られ、程よいこもり感を演出しつつも、視線が通る空間に仕上がりました。

 

② 食材など備蓄スペーが足りない。   11%

 

 

背面収納は、大胆な見せる収納。お気に入りのカップを置いたり、

普段使いのジューサーなどの調理器具もサッと取出せて便利。

 

 

 

③ バルコニー・ベランダ・ウッドデッキなどを心地良くしたい。10%

 

土と繋がり、生き物とつながる。未来を育む子供たちに庭ある暮らしを。

 

テレワークや会議オンライン等で家にいる時間が増える中

『新しい生活様式』に対応した建築家のアイディアが生きた

work spaceを提案させて頂きます。

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ