#コロナに負けるな

 

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏

佐藤です

 

梅雨に入ってジメジメした日が続きますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

本当にうっかりすると異次元に飛ばされてしまいそうな天気です

 

おまけにコロナの影響でマスクもしなければいけないので

耳は痛くなり、口が蒸れる・・・

この怒りをどこにぶつければいいのか・・・

 

 

 

 

この人たちに心の底から本当に怒りをぶつけたい・・・

 

#コロナに負けるな

 

皆様も日々鍛錬の程、頑張ってください

 

 

さて恒例企画の

『勝手におめでとう』をさせて頂きます

 

 

 

まずは

先日、上棟を終えた我孫子のE様

おめでとうございます

骨組みも出来上がり

イメージも具体的にわきやすくなってのではないでしょうか?

これからもよろしくお願いします

 

 

次に取手市のS様

先日上棟を終えて

現在内部造作中です

ボードも貼られてきたので、もう間もなく上棟打合せ

になります

よろしくお願い致します

 

 

そしておおとりは同じく取手市のT様

おかげ様でもうすぐお引き渡しまで工事が進みました

本当に格好いいお家で

モザイクでしかお見せ出来ないのが非常に残念ですが

最高にいかしているお家です

 

 

そしてもうすぐお引渡しということで

つい先日

お家のチェックを社内のスタッフ関係者で行ってきました

 

写真は私佐藤が床に傷等不具合がないか確認しているところです

T様、ぜひ新しいお家を楽しみにしていてください

 

さて、私は今まで

皆様どの方も記憶に残っているぐらい

思い出深いことばかりでしたが

 

本日はそんな中でも特に

記憶に残っているできごとを

二件程お話をさせて下さい

 

まず最初は

『恐怖、まさに草原の海の敷地』です

こちらの現場は、茨城県は那珂湊(なかみなと)

某病院の理事長が会社の保有地として建設を計画したお家のお話です

 

 

めでたく、話が進み

着工前の最終打合せの時

理事長の方から『最近見に行っていないが、草刈りしないと

建物建てられないだろう』とお話がありました

その時同席していた上司が

『それは大丈夫です、うちの方でやらせてもらいますよ)

と一言・・・

時は夏まっさかり・・・

以前私が敷地を確認したのは冬の季節

 

『これはまずい』という私のいやな予感はあたり

 

後日、現地についた私の目の前に広がっていたのは、掛け値なしの草の海でした

三百坪ある敷地に、背丈まで届きそうな草・草・草・・・

 

まさに圧倒的な体格差

絶望しかありませんでした

『おいしいお魚・やっほー😊』というバカンスの気持ちは

きれいに消え去り、一緒にきた工事担当と

黙々と、草刈り機を動かし続けたのでした

 

草刈りは、なんとか日が暮れる前に終わらせることができました

 

次は

『プラン地獄 佐藤死亡編』です

こちらは、まだ私佐藤が住宅営業として駆け出しだった頃のお話

 

私がその時在籍していた住宅会社はR+house以外の多くの会社と同様

プランは営業が考え・提案するスタイルをとっていました

 

お客様は定年退職を迎えた I様ご夫妻

お子様も独立されこれから

夫婦二人水入らずでご生活される家を考えておられました

 

ご夫妻は、いうなれば、私がその時在籍していた会社の熱烈なファンで

特に担当が私でなくても、ご契約を頂けた方でした

 

ただし、都内の物件で、法規制も厳しく

特に設計力が必要な物件だったことを覚えています

 

そして特に建築の学校を出たたわけでもなく、まだ経験の浅かった私は

その方のご要望や意図をなかなか理解することができず

 

またご要望を整理してお話を先導することも、まごつき

 

とても温厚だったご夫妻も

さすがに

お怒り度レベル2になることも・・・

 

本当に、今でも担当替えにならなかったのが不思議なくらいですが

 

後でお話をお聞きしたら

ご主人が『あいつは一生懸命やっているから、

目をつぶってやれ』と奥様に言ってくださったそうです

 

私がまがりなりにも、今この業界で仕事をさせてもらっているのは

I様夫妻を始め今まで関わらせて頂いたお客様皆様のおかげと思っております

 

この場をお借りして、皆様に感謝の言葉を述べさせて下さい

本当に

 

 

 

そして打ち合わせが重ねられ

 

 

 

時には

 

いろいろご指摘を頂き

 

時には

同意を頂き

 

最終的に

 

 

お褒めの言葉を頂き

お家が完成したのでした

 

心の底から安堵したのが、つい昨日のようです

 

 

月日が経つのは早いものですね

 

 

そして

今では私は

建築家の設計で家を建てる

建築家住宅着工数NO1のR+houseに在籍しています

建築家たちがお客様とどんな話をし、その結果どんなこだわりの家が生まれたのか? 

まだ視聴されてない方はぜひクリックを‼(22分ほどのドキュメント番組です)

 

I様夫妻の時にもし私ではなく建築家が設計していれば

最終的にご満足頂いたとはいえ

もっと短い時間でI様夫妻もストレスなく打ちあわせができたはずです

 

最高のプランはアトリエ建築家から生まれる‼

 

やはりプランは、その道のプロが考えるべきで営業マンや住宅会社の設計士が

考えるべきではないと、私は今までの経験から確信しています

 

ただし、私達住宅アドバイザー(営業マン)がいなくていいかと言うと

それは私が困ってしまいますので

 

 

我々住宅アドバイザーは数ある住宅会社の

基準のモノサシを皆様にきちんとお伝えする

 

何よりも大事な資金計画を長期的な視野に立ち

ご提示する そしてそれを建築家と共有する

 

長期的視野にたった資金計画は

住宅アドバイザーから生まれる‼

 

以上が私が存在する意味だと考えています

 

皆様のお家づくりのお手伝いができれば

これに勝る喜びはありません

 

これからもよろしくお願いします

 

 

それでは失礼します

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ