ウッドデッキ

みなさんこんにちは。

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店の福島です。

 

私の住んでいる地域では、梅雨時期真っ最中です。

雨が降って涼しくなっかと思えば、湿気が多く蒸し暑かったりと

過ごしにくい日が続いておりますが、

みなさまはどのようにお過ごしでしょうか?

 

さて本日は住宅をより一層素敵に彩るウッドデッキに関するお話をさせて頂きます。

 

家庭で使われるウッドデッキ材は

「ソフトウッド」「ハードウッド」「人工木材(樹脂デッキ)」「防腐注入 天然木材」の4つに大別されます。

 

ソフトウッド(針葉樹)の特徴

ソフトウッドはハードの逆で柔らかいソフトな木材のことをいいます。

木の繊維は皆同一方向を向いており、密ではなくちょっとした衝撃でも傷がついてしまいます。

 

ハードウッド(広葉樹)の特徴

ハードウッドはハードという言葉通り硬い木材のことをいいます。木の繊維を見てみると一目瞭然なのですが、ハードウッドの場合は繊維が非常に細かく密になっているのが特徴です。密になっているということは破壊や切断に強く硬いということになります。

 

人口木材の特徴

人工木とは、プラスチック系材料をもとに、木に似せて作られた工業製品です。

昔からある天然木のデッキ材「ウエスタンレッドシダー」より
長持ちするというウリで、10年~15年ほど前に登場したのが人工木です。

 

防腐剤注入木材

ホームセンターなどで見かける緑がかった色合いの木材が

 “防腐剤注入木材” または “ACQ加圧注入材” と呼ばれる木材です。

 

お家にいても自然を身近に感じながら過ごせるインテリアスタイルは、憧れますよね。

最近では、外とのつながりを感じられるウッドデッキなどを採用し、開放的で非日常感を味わえる住まいづくりが人気です。

 

私も夏には娘とお家でプールに入るのですが、

プールから出た後に体をタオルで拭く時、ウッドデッキの上だと足の裏に土や草がつかないのがいいなと感じております。

他にもBBQなどしながらウッドデッキに腰かけてのお酒も良いですよね!

ウェルハウジングではそんな暮らし方のご提案をさせて頂いております。

 

ご興味のある方は是非お気軽にご連絡下さい。

 

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました!!

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ