☆*。。。*☆垂れ壁とニッチをセットに☆*。。。*☆

こんにちは!

R+house(アールプラスハウス)

守谷・柏のCADオペレーターの佐藤です!

ジメジメと蒸し暑い日が続いておりましたが、

ここ二日ほど、朝晩とても肌寒いので、

皆様体調を崩されませんよう

お気をつけてお過ごしください。

 

そして、6月に入り、

我が家の子供達は登校再開となりましたが、

児童クラブは利用自粛中のため、

私は現在も在宅勤務を

継続させていただいております。

我が家の一年生(末娘)は、まだ緊張して

慣れない様子で頑張って登校しています。

(でも給食は完食しているそうですw)

 

新型コロナウイルスについても、

先週、都道府県をまたぐ移動の

自粛が全国で緩和されましたね。

とはいえ、今まで通りという訳にはいかないので、

人が集まる場所は極力避けて

生活していかないといけません。

出掛けても少しでも安心できるように、

私は以下のアプリを入れてみました。

厚生労働省:接触確認アプリ

ただ、スマホ保有者でない方は

利用できないのと、

多くの人がコチラを活用しないと

あまり意味がないのですが。。。(汗)

興味を持たれた方は是非是非!

インストールしてみてください!

 

 

さて、今回は、垂れ壁とニッチを

セットにするアイデアです。

こちらは、

コーディーネーターの内田のアイデアで、

図面修正の依頼を受けた際に目にして、

めっちゃいい!!!と思い、

とにかく、

私のツボでしたので、

今回書くことにしましたw

三角垂れ壁を取り入れられたお施主様に、

お家の雰囲気に合わせて、同じ形の

お家型のスイッチニッチをご提案♪ 

とっても素敵だと思いませんか?(*^^*)

自分では思いつかないオシャレなプランを、

コーディネーターが提案・誘導してくれる、

そんなコーディネーターがいる工務店で

お家を建てたいと思いませんか?

こちらの画像等は、

もしかしたら施工事例等で

お見せできるかも?!しれませんので

楽しみにしていてください♪

 

《垂れ壁とニッチについて》

 ◎垂れ壁とは・・・
 天井から垂れ下がった壁

  一般的に、対面キッチンのシンクの上部に

 吊戸棚を取り付けるためにつけたり、

 開口部にエアコンを取り付けるためなどの目的で

 つけることが多い壁ですが、

 最近では、デザイン性も兼ねて、

 シューズクロークやリビングの入り口などに

 取り入れられることも増えています。

 「下がり壁」とも言われています。

◎ニッチとは・・・

以前ブログに書いたので、

コチラを見てください☆

一口に垂れ壁やニッチと言っても、

いろいろな形があるので

その一例をご紹介。

※セットにしてモデリオで描いてみました。
【あくまでイメージです。この間取りは実在しません】


一般的な垂れ壁


アーチ垂れ壁


三角垂れ壁

 

形が変わるだけでお部屋の雰囲気も

変わりますね。

しかも、一つずつでも十分ステキですが、

セットにするとなおステキ!!

家の統一感もでますね。

扉の要らない場所に取り入ると、

アクセントにもなりますし、

開放感もあるので、

それぞれの空間を繋げてくれ、

オシャレな仕上がりになりそうですね。

興味を持たれた方は参考にしてください☆

 

では!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ