子供と植栽

みなさんこんにちは。

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店の福島です。

 

今年も早いもので、6月に入りました。

私の住んでいる地域では来週には梅雨入りするとの事です。

みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

 

私の中で梅雨はジメジメしていてあんまり良いイメージが無いのですが・・・

 

しかし一方で梅雨時期には綺麗に咲くお花があります。

 

そこで今回は!!

梅雨時期に綺麗に咲くお花をご紹介したいと思います。

 

1 バラ

「花といえば」といわれて誰もがイメージするほど、あまりにも有名なバラ。

「花の女王」と呼ばれ、つるや低木、その中間と様々な見た目で人々を楽しませてきました。

また、その花姿はゴージャスで女性的。1輪花瓶に挿すだけでも、存在感があります!!。

 

2 紫陽花(あじさい)

梅雨の雨を受けて咲くあじさいの花は、梅雨の風物詩ですよね。手毬のように小さな花をまとまって咲かせる姿は、

かわいらしく親しみやすさがありますね。株の大きさを剪定によって保てるので、鉢植えや地植えなど、ライフスタイルに合った栽培が楽しめます!

 

3 ムクゲ(木槿)

ムクゲは、秋の七草として平安時代の昔から観賞されている落葉性の花木です。

6月頃から、10~20cmの大きなハイビスカスに似た花を咲かせます。日当たりのよい場所で育てることがポイント!

日本に古くから自生しているので、強く丈夫で、花木の入門編としてもおすすめです。

 

4 クレマチス

クレマチスは「つる性植物の女王」と呼ばれ、海外のガーデニングでも高い人気を誇る日本原産の植物です。

イングリッシュガーデンの本場イギリスで盛んに品種改良が行われ、逆輸入の形で明治時代に日本へと渡ってきました。

丈夫なつるをどんどん伸ばして生長し、大きな花を株いっぱいに咲かせてくれます。

長雨が続いて暗い雰囲気になっている庭やベランダを、明るく彩ってくれる存在。

 

5 睡蓮

睡蓮は、放射状に花びらを広げて咲く姿が美しく幻想的な水生植物です。水の上に花が浮かぶ姿は、すずしげです。

通常の植物とは違い、睡蓮鉢など深さのある容器の下に鉢を沈め、水の量を調節しながら育てていくところもユニークですね。

 

上記の様に綺麗なお花は沢山ありますね!

例えば、お家のお庭にバラがしっかり育っているとバラを見るだけでも癒されます!

他にも小さなお子様がいる場合は紫陽花などを一緒に育ててみるのも素敵だと思います!!

 

小学校の時は授業の一環としてお花を育てていたのを思い出しますね!

 

最近では子供と一緒に公園などで遊ぶ時間が減ってきてしまってますが、

個人的に子供たちには自然の大切さを感じて成長して欲しいと感じている福島でした。

 

それでは今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ