なんだかなぁ~

こんにちは R+house (アールプラスハウス)守谷・柏 技術部 吉留です

 

そろそろ 梅雨なんでしょうか

ここ最近 雨の降る日が 多い気がします

 

自粛疲れのせいもあり 非常事態宣言が解除となった瞬間に

一気に 気が緩み 第2波が 迫ってきています

気を引き締めて みんなで コロナを抑え込み

もとの生活を取り戻しましょう!

 

 

ちょうど一年前のこの日 同じように

ブログ当番でした

そうです 本日 誕生日! (悲劇は繰り返される~)

昨年ブログはこちら

 

というのは 置いといて

 

今回は 完成後に腰壁手摺から 鉄骨手摺に変更した

珍しい 事案のご紹介です

当初 建築家の打合せで 鉄骨手摺にしたいが予算の関係で

腰壁手摺でも やむを得ないという事で 工事が進んでいきましたが

「完成して 眺めていると どうしても心のどこかで モヤモヤが・・・・」

ということで 「これから 鉄骨手摺に変更出来ませんか?」

お話を詳しく聞くと

「費用も何とかなりそうなので 自分の夢に妥協をしたくない

やっぱり後から後悔したくないんです」という事でした

 

えええええっ?

 

本来は 造った物を 壊してというのは 作り手として非常に

気持ちが重くなってしまいます

が、

 

施主様の 夢をかなえたいという熱意に押され

何としても カッコよく 完成させるぞ!

ということで 腰壁手摺を 解体して 鉄骨手摺へと変更する事になりました

 

変更した場合のイメージを作成して 最終判断して頂きました

黄線で囲った3ヵ所が対象部分です

 

腰壁手摺 3枚を解体し 取り合いの壁は クロスを補修

      

 

       

 

すっかりきれいになった所で 手摺を取付して  落下防止ネットを張ります

女性の皆さんが 参加して張って頂きました

 

手先が器用な 社員なので ピタッと きれいに張れました

 

皆さん ご協力ありがとうございました

 

これで

お施主様の 夢が 叶いました

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ