建築家って

 

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏、住宅アドバイザーの鹿野です。

 

コロナ感染の猛威は衰えず、日常生活に支障をきたす事態となっております。

 

マスク不足も解消されず、このまま長期化しそうな気配です。

 

くれぐれも、細心のご注意をお払いください。

 

さてさて、先月、大学時代のサークルの先輩が結婚をされました。おめでとうございます。

奥様はメキシコ人でお奇麗な方でした。

 

その写真を見たのですが、結婚式でご夫婦ともにマスクをつけているのです。

 

マスクと言ってもコロナ予防用のマスクではございません。

 

←こちらのマスクです

 

実はその先輩というのはプロレスが大好きでメキシコに「ルチャ・リブレ」を学びに行かれました。

 

メキシコのプロレスラーのほとんどはマスクで顔を隠します。

 

そしてアクロバティックなプロレスで観客を賑わせます。子供たちにも大人気です。

 

私自身も大学時代に1か月ほどですが、メキシコに行ったことがあります。

 

その時はメキシコの首都「メキシコシティー」でプロレス観戦したのを覚えております。

↑ メキシコシティの中央広場 ※当時(20年程前)は少年兵が機関銃を肩にかけ、隊列を組み、縦横に歩行してました。

 

とても懐かしく、楽しい記憶です。

 

さて、そんなメキシコを少しご紹介したいと思います。

 

 ← 反り立つ壁?

これは一体なんだと思いますか?

 

ヘビ柄?

スケボーの練習場??

実は、

メキシコシティにある有名な建築物です。

 

建築家はフェルナンド・ロメロ氏です。

 

中はどうなっているかというと、

こんな感じです。美術館だったんですね。

 

メキシコの実業家、カルロス・スリム・ヘル氏のコレクションを所蔵するのが目的です。

そのため入場料は無料です。さすが大富豪といったところでしょうか。

 

 

また有名な建築物としてバスコンセロス図書館がございます。

至って普通ですよね。

 

でも中はすごいんです・・・

 

なんとも不思議な造りになっております。

 

一見、物流倉庫のような、そして幾何学的な・・・。

 

 

 

これらは建築家、アルベルト・カラチ氏によるものです。

 

学習スペースはまるでカフェのようです。

 

 

想像力✖創造力。

 

前者が建築家であるなら、後者は作り手。

 

2つの力が掛け合わさることで、1つのものが完成します。

 

建築家による未知なる空間デザインを楽しんで頂きたい。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ