住宅寿命

みなさんこんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店の福島です。

 

住宅は一生に一度のお買い物って聞きますよね。

そんな高額なお買い物なのに20~30年で建て替えや、

大きなリフォームをすると考えると何だか寂しく感じますよね。

 

人間と同じように建物にも寿命があるのはご存知でしょうか?

本日は世界の住宅寿命についてお話させて頂きます。

 

まずご覧になって頂きたいのは下記の世界の住宅寿命です。

日本の住宅寿命はとても低い事が一目瞭然ですね・・・

ではなぜこんなに低いのでしょうか?それには理由があったんです。

 

第二次世界大戦後の住宅普及率

住宅不足を解消する為に団地などが建設され、ダイニングキッチンが登場した。
住宅の規格化が進行し、工業化の推進と合わせ、同じ間取りの住宅が量産されるようになった。
どんな物も量産体制・生産ラインが進めば価格が低下していき、急速に大衆の住まい環境は発展していく。
ハウスメーカーによる家づくりも戦後一斉に広まった。
1960年代にはマンションが急速に増加した。
一方、現代的な感覚の和風建築や実験的な住宅も生まれた。

上の図の様に住宅不足の為、長持ちする住宅ではなくどんどん住宅を建て量を増やしていったのです。

 

そうすると質の悪い住宅は湿度の高い日本で住宅の躯体が腐ってしまったり、

大きなリフォームが必要になってしまったのです。

このことから日本の住宅寿命は短くなってしまったのです。

 

ではなぜ躯体は腐ってしまうのでしょうか?

日本は海外諸国においては、木製や樹脂の窓が当たり前のように使われているのに対し、断熱性が低く結露ができやすいのです。

結露が出来てしまうと木製住宅が多い日本の住宅はダメになってしまうのです・・・

 

しかし、「結露対策がまったくできておらず長持ちしない住宅を安く買って早く手放す」ことと、「結露対策がしっかりできていて地震にも強く長持ちする住宅に一生涯住み続ける」こと、皆さんはどちらを選びますか?

一生に一度のお買い物ならば自分の寿命も住宅の寿命も健康でいたいと願うばかりです。

我々R+houseでは結露が起きにくく健康で長持ちする住宅をお客様と一緒に造っていく会社です。

その秘密はやはり高気密・高断熱にこだわるからです。

 

お家づくりを検討されている皆様!ぜひその秘密を聞きにご来場下さい。

後悔の無いお家づくりを一緒に考えていきましょう!!

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ