世界のデザイン住宅

こんにちは!

R+HOUSE守谷・柏の有賀です。

 

一向に収まる気配のないコロナウィルスですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言の発令や外出・営業自粛など様々な影響が出ております。

1日も早い事態収拾を願ってやまない日々です。

 

さて今回は世界の○○シリーズ第二弾としまして、R+ハウスが得意とするデザイン住宅。日本でもデザイン住宅に人気は上昇傾向にありますが、その中でも世界基準で見た、特に個性的なデザイン住宅をいくつかご紹介させて頂きます!!!

 

 

   絵本の世界!?直線の概念を捨てた家

 

このドイツの家は、すべて曲線で作られています。

このことによって、どこか絵本の世界に迷い込んだような不思議な空気感が溢れています。

直線という概念を捨てることで、現代的でもありレトロでもある唯一無二のデザインにたどりつくことが出来たのですね。

 

       芝生に覆われた家

なんとこちらは、家の全面を芝生が覆っています。

オーストラリア人の人気デザイナーの手にかかれば、こんな個性的な家も実現可能。

自然の空気を全身で楽しみたい方には、こんなデザインも参考になるかと思います。

都会の真ん中にあっても面白い、一風変わったデザインです。

 

       小ささを極めた家

必要最低限のスペースのみを確保し、無駄を省いたデザイン。

一人・二人で暮らすにはこのくらいでも足りる、というのは言い過ぎかもしれませんが、少ないスペースで十分生活できるという証明にはなると思います。

自分たちがどれくらいのスペースを使うのか最初に考えてみる大切さが、この実例からは伝わります。

 

      開放感いっぱいの家

こちらの家は、全体的に長方形をイメージして設計されています。

通常、家の形を長方形にするとプレハブ住宅のような雰囲気になってしまいがちですが、ガラス窓の面積や吹き抜けを作ることでスタイリッシュな雰囲気を引き出しています。開放的な空気感を演出する参考にしたいですね。

    空間を上手に使うのがポイント

使える敷地が狭いことが多いのが日本の特徴なので、どうやってスペースを有効に活用していくかがポイントになってきます。
空間を上手に活用したデザインを意識することが大切です。

 

R+ハウスではアトリエ建築家の先生方が、敷地やライフスタイルなどに応じて世界に一つだけのお家を設計してくれます。

勿論デザイン住宅に特化した先生も数多くいらっしゃいます!

今回紹介した住宅はちょっと振り切りすぎかな?なんて思う方もいるとは思いますが、個性的でオンリーワンな住宅が欲しい!って方も是非私共に相談にいらしてください!!

現在、柏市にてちょっとだけデザインを振り切った?(笑)分譲住宅の見学会及び販売会を開催しております。

自粛中のため大っぴらに告知できませんが、完全予約制・スタッフは少人数及びマスク着用の上対応させて頂いておりますので、ご興味ある方は無理のない範囲でいらしてください。

詳細はこちら↓

https://www.well-housing.co.jp/

 

それでは!!!

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ