家の中でモノをなくさない3つのコツ

こんにちは。R+house守谷・柏
インテリアコーディネーターの内田です。

 

最近、お家にいる時間が長くなり
暮らしに向き合う時間が増え、

必要なモノ・必要ではないモノを

見直しております(^^)

本日は収納のお話をピックアップいたします♪

 

突然ですが、替えの電池が欲しい時

直ぐに見つからないことはありませんか?

 

部屋の電球が切れてから、

2週間たっても暗闇の中着替えていた経験は

ありませんか?

 

いますぐ使いたいのに見つからない!

を経験された方少なくないと思います。

 

お家の中で置き場所を決めておくと、

毎日が確実にラクになる3つのモノ。

 

これらは大抵のご家庭にあります!

意識して整理すると見つけやすいです。

よろしければご参考にしてみてください!

 

 

1.電池・電球

 

 

必要なときに、なぜか正しいサイズの

電池がみつからない・・・

 

見つけたけど、使用済みなのか新品なのか

わからない

 

考えることは、お家のあらゆる場所

(引出しなど)に隠れているからです。

 

おすすめの解決策は、

全ての電池を集めていれる

透明な容器を持つことです。

 

 

電球も同様に入れておけば、

必要な強度とタイプを

すぐに見つけることができます。

 

電池(特にボタン電池)は、

飲み込むと非常に危険なので

子供やペットの手の届かない場所に

保管してくださいね。

 

インテリアの打合せでも

収納のお話はマストです!

 

今の収納状況と理想の収納方法を考える

絶好の機会となります。

 

 

2.傘

 

 

傘を何本も持っているのに、1本も

見つからないときはありませんか?

 

傘は戸棚やクローゼット、引出しに保管せずに、

玄関の近くに置きましょう!

 

出かけるときに

簡単に手に取ることができますし、

1本は車の中に常備しておくのもおすすめです。

 

 

3.工具

 

 

ドライバー1本を見つけるのが大変で、

使ったら、放置されたままになっている

ということがよくあります。

 

あるいは、今すぐドライバーが必要なのに

工具が倉庫(納戸)にある為、

面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

私の経験では、買ったはずの

ドライバーを見つけることができず

新調してすぐにみつかる、

といったことが何度かありました。

 

基本的な工具は、洗濯室やキッチンに場所を決めて

置くことを推奨します。

 

どこにあって、使い終わったらどこに戻すのかが

いつでもわかります!

 

見える収納・隠す収納を上手く使い分けることで

暮らしのコツができ、

快適な生活にも繋がります。

 

お家での生活がより豊かになるインテリアを

これからも追及していこうと思います(^^)

 

(自宅の緑化計画の進めたい・・・)

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ