パンデミック加速!?だけど…☆固定棚にする?可動棚にする??☆

こんにちは!

R+house(アールプラス)守谷・柏の

CADオペレーターの佐藤です!

>

新型コロナウイルスの影響で、

政府の休校要請を受けて、

守谷市の小中学校も3/2より

休校となってから約一ヶ月。

その間、終息に向かうところか、

関東で感染者ゼロを貫いていた

茨城県でも感染者が出てしまい、

更に不安な日々を過ごしています。

昨日は東京都内で、

一日当たりの感染者が過去最多となり、

感染拡大の重大局面を迎えておりますね。

オーバーシュートによる、

ロックダウンを招く事態を避けるため、

一人一人が、

この状況を自覚した行動をとらないといけません。

私自身も子供達を守るため、

不要不急の外出を避け、

最大限の努力を続けていきます。

元の生活に戻れる日が一日も早く訪れますように・・・☆

>
>

さて、今回は、

収納スペースの仕切り方についてです。

>

>

☆収納の仕方は生活スタイルと共に変化する☆

マイホーム購入!と決断し、間取りを決める際には、

実際に住んだ後のことを想像しながら決めていきますが、

収納は住んでいくうちに、しまう物が変わってきたり、

物が増えたりして、収納の仕方も変わっていきます。

その変化まで汲み取って、先を見据えての想像って

なかなか難しいですよね。

我が家でも、子供の成長とともに、物が増えて、

もっともーっと収納スペースが欲しい!です。

可能な限り、

収納スペースはしっかり計画したいところですね。

>

>

☆固定にする?可動にする??☆

棚板には壁に付けて動かせない固定棚

自由自在に高さを調節できる可動棚があります。

収納するものが流動的で、

まだはっきりしていない場合は、

収納するものに合わせて、

高さを調整できる可動棚の方が、

空間に無駄ができません。

ただ、オーブンレンジのような

大きくて重たいものを置くと、

あらかじめ決まっている場所には

固定棚がオススメです。


          【固定棚】


          【可動棚】

>

>

☆棚板の厚みも考えよう☆

もう一つ気を付けたいのは棚板の厚みです。

先にお話ししたオーブンレンジのように

重量のあるもの、重たい本などを

沢山収納したい場合は、

少し厚めの棚板を。

薄い棚板だと重みでたわんでしまう場合も。

逆に靴程度の重さの収納スペースは、

薄い棚板で十分です。

ただ、棚板の幅が広いと、

棚板を薄くできない場合があります。

そんな時には、棚板の中央に仕切りをつけ、

幅を狭くすることで、

棚板の厚みを薄くすることも可能です。

>

>

☆悩んだ時には可動棚がGood!☆

固定棚は、部屋のアクセントになる場所や、

重いものを乗せる場所に。

それ以外は、可動棚にしておくと使い勝手の

良い収納になると思います。

『悩んだら 迷わず選ぼう 可動棚』

なぜなら、

生活スタイルの変化に合わせて、

好きな時に棚の高さを変えることができるから。

棚板を増やすことだってできます!

とっても便利です!

>

>

世間は新型コロナウイルスの話題一色ですが、

外を見れば、穏やかな春の訪れが🌼

明るい気持ちで毎日過ごしていきましょう!!

>

ではでは!

最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ