健康と住まいの関係

R+house守谷・柏の平野です。
桜も咲き始め気分もウキウキとしてくる季節ではありますが、
世間では自粛が続いており、心配と不安が入り混じるような今まで味わったことのない雰囲気であります。

ですが、結果良いこともありました。
家族が時差出勤中のため、毎朝5時起き弁当作り、そして夜9時には眠くなるzzzという健康的な生活になりました。
朝もやることが落ち着くと、明日のための事前準備も早めにできるようになり、時間の使い方がうまく回っている気がします。
早寝早起き・このまま定着できますように。

さて、身近に健康を意識するような出来事があると、目につくものも健康が気になるようで、
ネットニュースも気になる話題↓
冬場「18度以上」の部屋、頻尿改善に効果 高血圧にも 全国初の大規模調査
冬から春に変わりゆく時期ではありますが、やはり寒いと健康にはよろしくないということですね。
近年ではヒートショックで亡くなる方が交通事故で亡くなってしまうよりも多いとの事。そしてその対象はほぼ高齢者です。
若い方から高齢の方まで、健康を意識するためには住まいの温度も重要です。
R+houseの住宅は高気密・高断熱にこだわった家づくり。
部屋の中が常に適温に保たれていることが快適な住まいづくりには大切なポイントです。
R+houseで建てた実際の家をぜひご覧ください!
【4月4日(土)5日(日)完成見学会開催・現地販売会同時開催@柏市豊住】

※最近の平野※
今回の内容には画像が乏しいと感じ…
子どもの送り迎えの時に撮影した🌸↓

今日は北風が吹いて冬に戻ったかのような陽気でしたが、
日差しは春そのものですね。紫外線も気になり始めましたが、
出先では桜のチェックしながら春を感じたいと思います。

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ