空間を広く見せるこだわり

こんにちは!

コーディネーターの新井です^^

 

今年はうるう年ということで、

カレンダーの表記が2/29までありますね。

なんだか1日分誰かにプレゼントされたような、

得した気持ちになります。

 

皆さんは、もし1日分プレゼントされたならば、その1日、何をして過ごしますか?

 

どこかに出かけたり、

ひたすら寝たり・・・

 

私は今の季節であれば、

間違いなく朝から夜までスノーボードですね!

 

 

最近はお休みを頂く度に、

雪山まで出かけております。

 

 

こんなに天気が良く、

半袖でも滑れそうな日もあれば、

 

風がビュービュー吹雪いて、

1m先すら見えない日もあります。

 

 

どんな天候にせよ、

お休みの度に楽しみがあるのは幸せです^^

 

 

さて、私がよく行くスキー場は、

新潟県にある「石打丸山スキー場」というところです。

 

こちらは、今年で70周年を迎えるほど

歴史のあるスキー場なのですが、

昨年、麓にあるリゾートセンターがリニューアルオープン致しました。

 

 

こちらは、鉄筋コンクリート造の2階建てなのですが、

立地条件やコンセプトがしっかり考えられた、

とても魅力的な建築をされています。

 

 

落雪などを考えて設計された屋根の内側には

柔らかい木目を取り入れ、

間接照明が空間を照らします。

 

大きなガラス張りから自然光が差し込み、

まるで外部のような内部空間が創り出されています。

 

 

床面にはモルタルを施工し、

無機質ながらも温もりのある空間に

 

使われている素材や明かりの配置など、

勝手にですがとても参考にさせて頂いております。

 

 

上記のリゾートセンターもそうですが、

空間をいかに広く見せるかが

一般戸建住宅においてもポイントとなってきます。

 

 

例えば、

 

 

 

こちらの2枚の写真、

どちらのお家が広く感じますか?

 

1枚目が一般的な室内のドア、

2枚目が私たちがご提案している

「フルハイトドア」です。

 

 

一般的に、戸建て住宅の天井は

床から2m40cmに設定されています。

 

室内に扉を付けると、

部屋ごとにある下がり壁(垂れ壁)が目線を遮ることにより

閉塞感や圧迫感を感じてしまいます。

 

 

そこで私たちR+houseがご提案するのが、

神谷コーポレーションの「フルハイトドア」

 

 

「フルハイトドア」は、

ドアの高さが天井の2m40cmまであり、

室内の空間をより広く、そして明るく見せる

とても画期的なドアです。

 

それだけではなく、

ドア枠自体を壁の中に埋め込んで施工するため、

枠が一見存在していないかのように

目立ちにくい仕様になっております。

 

 

 

 

 

こちらは、これまで弊社にて施工した

実際のフルハイトドアです。

 

 

 

 

どの施工写真も、

よーく見ないとどこに扉があるのか分からないほど、

空間に溶け込んでいますね。

 

 

こちらの扉は、

 

柏モデルハウス

取手市ゆめみ野限定公開中モデルハウス

 

上記モデルハウスでも使用しております。

 

 

フルハイトドアが創り出す

空間の広がり、繋がり、明るさを

実際に体感してみてください。

 

 

見学予約はこちらから

 

 

スタッフ一同、モデルハウスにて

お待ちしております。

 

 

では!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ