花粉症を防ぐ

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏、住宅アドバイザーの鹿野です。

 

本日は何の日かご存知ですか?

 

本日は「立春」なります。冬の終わり・春の始まりを意味し、春の気配が立ち始める日になります。

この日から数えて88日目が「八十八夜」になります。

ついこの間、お正月を迎えたと思ったら、もう春の季節・・・。早いですね。

 

さて、最近はコロナウィルスが猛威を振るっております。

そしてとうとう日本にも上陸し、解っているだけで20例を超えました。

感染が広がらないことを願うばかりです。

 

中国ではマスクは品切れとなり、ネット上では定価の3倍で売られるような事態にも発展しているようです。

 

コロナウィルスもさることながら春が近づいてきたということは花粉の時期がやってきます。

花粉症の方にはとても嫌な季節になりますよね。

マスクや眼鏡、スプレー、帽子・・・、様々な対策を練られるかと思います。

それだけでは不十分であるため、食べ物で体内にも対策しておくと良いですよ!

 

【花粉症に効く食べ物】

1.れんこん     ※黒い斑点は実はポリフェノールの一種『カテキン』

2.わさび

3.バナナ

4.しそ

5.たまねぎ

6.ふき       ※ポリフェノールの一つであるフキノール酸が含まれています。

7.ヨーグルト

8.甜茶

9.きくらげ     ※ビタミンDが豊富に含まれている

10.青魚

 

とは逆に、

【花粉症を悪化させる食べ物】

1.生トマト     ※ヒスタミンが多く含まれている。スギやヒノキの花粉症の方は注意

2.メロン      ※ブタクサ花粉症の方はウリ類注意

3.牛乳やチーズ

4.ファーストフード ※トランス脂肪酸が免疫を低下させる

5.アルコール    ※日本酒・ビールに含まれるアセトアルデヒド

6.ソーセージ・ハム

7.砂糖       ※白砂糖ではなく、ハチミツや黒砂糖が良いです。

8.小麦粉      ※グルテンが免疫構造を弱める

9.マーガリン    ※トランス脂肪酸

10.辛いもの    ※刺激物は、鼻の粘膜にある毛細血管を広げて

うっ血・充血させてしまいます

 

悪いのは解っていても好きそうな物が多いですね・・・。

ですが、今時期は控えめにした方が宜しいかもしれませんね。

 

屋内に花粉を取り込まないためにも、機械による換気システムを利用すると効果的です。

花粉やPM2.5のほとんどを除去した状態で、室内に透明な空気が入ってきます。

その上、換気システムは熱交換をしてくるため、室内温度が急激に変化することはほとんどあ

りません。

 

ただし、注意すべき点としては、気密性を高めることで、換気システムが最大限に効果を発揮するということです。

お家で1番面積の大きいところの気密が大切ですよね。

それはどこでしょうか?もちろん壁になります。

隙間を最小限にすることで換気システムが活きるだけでなく、熱効率が上がるため、省エネになります。

そのためには、気密性の高い施工が必要となります。

気密の工事は後からやろうと思っても居住していると難しく、初期段階でやるよりも何倍もコストがかかります。そのため、初めからやっておくことをお勧めいたします。

 

理想の暮らし方をするために、スッタフ全員で取り組みます。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ