ボトルラックのあるお家

こんにちは!

R+house 守谷・柏

インテリアコーディネーターの新井です^^

 

2020年を迎え、

本日から学校や仕事に向かわれる方も多いのではないでしょうか。

 

私は昨年の年明けにインフルエンザと診断され、

しばらくお休みを頂いておりましたが(泣)、

今年は元気に出勤しております!

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します🎍

 

 

 

 

 

今回は、

先日お引渡しをさせて頂いたお家を

インテリアコーディネーターの目線から

少しだけご紹介致します。

 

 

 

メインの外壁には、

スタイリッシュなガルバリウムを使用しています。

 

アクセントとして取り入れたのは、

国産カラ松の板貼り

節があるタイプのものを選ぶことで、

木ならではの素材感を感じることができます。

 

 

横から見るとこんな感じ。

四角いお家の中に凹凸を作ることで、

奥行を感じる、メリハリのあるお家に仕上がります。

建築家の作る家だからこそのこだわりです。

 

 

 

こちらのお家のコンセプトは、

「自然と家族が集まる、

開放的なリビングの家」。

 

その名の通り、

玄関ドアを開けると、大きなリビング空間が広がります。

 

 

 

ベースの床材として選んだのは、

アカシアアンバー

 

濃いめの塗装をした無垢床なので、

お家全体の雰囲気をぐっと落ち着かせる効果があります。

 

 

 

奥に見える2枚の棚は、

ご主人が趣味で集めている

お酒のボトル専用

 

大きなサイズの焼酎ボトルも入るように、

奥行を変えて工夫しています。

 

 

こんなイメージで

かっこよく飾って頂く予定。

ボトルを置いた状態を早く見てみたいです^^

 

 

 

 

天気のいい日には、

大きな掃き出し窓と

鉄骨階段の上に広がる吹抜けから

暖かい日差しが降り注ぎます。

 

 

 

ウッドデッキへと繋がる掃き出し窓には

バーチカルブラインドをご提案。

 

敢えて天井に取り付けることで、

閉めた時にすっきりと美しい形に仕上がりました。

 

 

 

 

 

また、造作の洗面スペースは

見た目だけでなく、使い勝手しっかり考慮した上でご提案。

 

 

大きな三面鏡は、

ミラー部分を開けて収納として活用することもできます。

 

 

 

カウンターの上には、

アクセントとしてタイルを施工。

 

リビングのアクセントクロスの色に合わせて

グレー調のものを選びました。

 

タイルをよーく見てみると、

まるでお花がたくさん咲いているかのように見えてきます。

 

頻繁に使用する洗面スペースだからこそ

こだわりを持った空間に仕上げることで、

毎日の生活に彩りを与えてくれます。

 

 

 

 

 

今回はお家のほんの一部分をご紹介しましたが、

こちらのお家の施工写真も、

後ほど弊社ホームページの「施工事例」のコーナーに更新していく予定です。

 

<R+house守谷・柏 施工事例>

 

他にも素敵なお家の施工写真がたくさん掲載されておりますので、

ぜひ、こちらものぞいてみてください!

 

 

 

それではまた!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ