本当に住みやすい街大賞2020🏆

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店住宅アドバイザーの有賀です。

2019年も残り10日を切りましたね!!

インフルエンザが流行っているそうですが、皆様体調は崩されていないでしょうか?

 

さて、本来は前回予告した通り地盤改良のお話をしようかと思ったのですが、なんと!!昨日の湯口君のブログにて既に紹介されてしまったんですね!!笑

 

なので、今回はタイトルにもあります『本当に住みやすい街大賞2020』が12月11日にフラット35の代理店でもありますアルヒより発表されたのですが、、、まずは結果をご覧ください!!

何と弊社の柏モデルハウスがある街、柏の葉キャンパスが第4位に選ばれたんですね!!

ちなみにこのランキングは一都三県を対象に、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から“本当に住みやすい街”をランキングTOP10で発表し、人々の住まい選びの参考になることを目的として、下記の項目を選定基準として選ばれております。

■“本当に住みやすい街”の5つの選定基準
①住環境
インフラ整備や、衣食環境などを中心に、「住むことの快適さ」などに影響を及ぼす周囲の状況の良さを総合的に審査しました。

②交通利便
「働く」という視点において、主要駅へのアクセス面や、交通機関の利用面における「快適さ」などから審査しました。

③教育環境
子供たちが安全・安心に暮らしていける環境が、学校・家庭・地域の連携により構築されているかなどを判断基準に審査しました。

④コストパフォーマンス
その他の審査基準と連動する形で、「住まい環境」の充実度に対する、家賃相場や分譲価格相場、物価の相場などから審査しました。

⑤発展性
商業・工業・その他インフラ整備や交通面など総合的な視点から、街全体としての利便性において、将来的な「街としての価値の向上」が見込める点を中心に審査しました。

最近ですと、同じつくばEX沿線のお隣の駅である、流山おおたかの森が子育てや教育、都心への利便性などで人気がありますが、今回のランキングで、改めて柏の葉キャンパスに注目が集まるのではないのでしょうか?

柏の葉キャンパスは9月から開催され、日本中を興奮させたラグビーワールドカップ出場国の中で人気・実力ともにトップクラスのニュージーランド代表オールブラックスの合宿地だったんですね!!

そんな世界からも注目される街、柏の葉キャンパスにございます弊社モデルハウスがこちら!!

どうです?かっこいいでしょ?(笑)

こちらは40坪のモデルハウスで、R+ハウスの特徴でもあるアトリエ建築家が設計したモデルハウスです。

また、寒いこの時期にだからこそ実際にエアコン1台で夏涼しく冬暖かい、本当の高気密・高断熱を体感できますので、是非一度ららぽーと帰りにでもお気軽にお立ち寄り頂きたいと思います!!

最後にブログをご覧頂き、つくばTX沿線にて土地探しをされている方に、とっておきの情報を教えちゃいます!!

先述した柏の葉キャンパス駅より2駅秋葉原寄りの流山セントラルパーク駅にて限定2区画の分譲地を販売致します!!

駅から一直線の閑静な住宅街に建築家が作る、世界に一つだけの家に住みたいそこのあなた!!!

弊社モデルハウスにお越しください!!

スタッフ一同心よりお待ちしております。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ