地震大国日本~災害からお家を守るために~

 

 

みなさまこんにちは!!

 

R+house(アールプラスハウス)住宅アドバイザー湯口です(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

 

昨日、一昨日と、

茨城県、栃木県にて震度3以上の地震が5回以上発生しています。

 

 

 

 

相次ぐ地震に人々の不安は高まっており、

関東では「そのうち首都直下型くるんじゃないか」という声も上がってきているみたいです。

 

普段お客様とお話していても、

「木造住宅は地震に耐えられるの?」「耐震性は大丈夫なの?」

 

といったような質問をよく受けます。

 

なので今回のブログでは、

 

「地震大国日本の家づくり」

 

について書かせていただきたいと思います。

 

まずはじめに、

 

「世界と比べて、日本ではどのくらいの比率で大地震が起こっているか」

 

ですが、

 

世界で起こっているマグニチュード6.0以上の地震の

20%が日本で発生しているというデータがあります。

 

私たちの住む日本は、世界的に見ても地震の多い国ということが分かります。

 

2016年に発生した熊本地震では、

震度7を2度記録するという未曽有の震災でした。

 

現在は地震活動期に入ったとも言われており、

いつどこで地震が起きてもおかしくない状況です。

 

つまり、

 

「大切な家族を守るためにどう備えるか」

 

が重要な課題になります。

 

 

下のデータは、

一般消費者の方に

 

「住宅業者選びで重視するポイント」

 

を調査したデータになります。

 

 

 

 

データからもわかる通り、約57%の方が、

耐震などの建物の性能に関心があり

最重要視される項目となりつつあることが分かります。

 

一方で、

住宅事業者に

 

「建物の性能で重視する事項」

 

を調査したデータを見てみると

 

 

 

 

こちらは70%近い方が、

耐震性を重視していることが分かります。

 

これら2つのデータを見てみると、

一般消費者の方も、住宅事業者の方も

 

「耐震性」

 

に強く関心があることが分かります。

 

 

地震対策のひとつとして、

 

「構造計算」

 

というものがあります。

 

構造計算により、

複数回の大きな揺れを経ても

住み続けることができるお家を目指しています。

 

みなさまは今、

「構造計算って何?どういうこと?」

という疑問を抱いている方が多いと思います。

 

構造計算とは、

建物の安全性を検討・確認する計算です。

 

「建物の構造の計算」なので、構造計算といいます。

 

建物には重力、地震力、風圧力、雪、津波などさまざまな力が作用し、

これらの力に対して安全であるよう、

各「構造部材」を計算します。

 

構造部材は、建物が安全であるよう設計されています。

 

例えば、

私たちが普段歩く「床」が傾いたり、抜けたりしないのは、

構造計算されているからです。

 

構造計算では、

荷重計算、応力計算、変形計算、断面算定

などを計算します。

 

(これらを解説するとあまりにも複雑になってしまうため、今回は割愛させていただきます!笑

 

弊社の構造計算では、

 

「三次元立体解析」

 

と呼ばれる解析を行っています。

 

これにより、

より精密な解析により、根拠のある安全性が実現できます。

 

具体的には、

より精密な解析が可能な三次元立体解析で、

一つ一つ、

形・大きさ・材料

が異なる建物が、地震や風でどのように揺れるのか、

部材一つ一つにかかる力をシュミレーションし、

安全性が担保できるまで検討を重ねます。

 

また、よく耳にする「耐震等級」ですが、

弊社では、「耐震等級3」をお約束いたします

 

耐震等級3は、国が定める最高基準であり、

大きな地震が来ても住み続けるためには必要不可欠な等級になります。

 

耐震等級3はどのくらいの耐震性があるかといいますと、

「熊本地震の震度7の揺れを2回記録した地域の木造住宅であっても、

ゆがみ、変形、ねじれなどが起きない」

といった耐震性があります。

 

つまり、崩壊の恐れがない為、地震後も住み続けることができます。

 

 

今回のブログでは文章ばかりで少し専門的なブログになってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございます!!

 

他にも、「R+houseについて少しでも知りたい!!」

という方は、下のリンクよりホームページをご覧ください!!

 

 

今週はこの辺で!!

 

HPはこちらから!!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ