旗竿地??

こんにちは!R+house守谷・柏の田村です。

 

12月7日&8日に新築完成見学会が開催される

「旗竿地」に設計された

「スカイライトから青空が広がる明るい2階リビングのお家」

 

うん?旗竿地・・・??

 

旗竿地とは、道路に接する出入り口部分が

細い通路上の敷地になっていて、その奥に家の敷地がある形状の土地の事を指します。

まるで竿の付いた旗のような

形をしているため、旗竿地と呼ばれています!

 

 

旗竿地は周囲が建物に囲まれているため

日当たりや風通りが悪く、

普通に設計すると、暗くて狭い家になってしまう事が多いのです。

 

 

でもそれは普通に設計したらの話・・・!

 

旗竿地は設計力が求められる土地なんだそうですよ!

 

R+houseでは

1回目の建築家打ち合わせ時に

先生が必ず現地を見に行きます。

そこで現地でしか分からない

「光」「音」「風」なども確認します。

 

 

光や風を入れるための工夫が必要な

「旗竿地」

いったいどんなお家が建てられたのでしょう!

 

 

今回この「旗竿地」のお家を設計したのは

R+houseアトリエ建築家の

澤野眞一先生

Message

「敷地の環境を読み取ること、敷地の環境を生かすこと
家族の生活を大切にすること、家族の未来を見つめること

その上で、家族の生活を形にするのが建築家の役割です。」

 

 

 

☆完成見学会見どころポイント☆

建物に囲まれていても明るい秘密

昼間は電気をつけなくても過ごせるとか・・・!?

 

私が一番驚いたのは、

外壁を一面真っ白にして

隣地の白い外壁から反射する光

室内に取り入れる設計方法。

隣地との距離の近さをプラスに活用。

驚きました・・・

 

秘密はまだまだあります。

是非お越しください!

 

シンプルでかっっこいいインテリアにも注目です!

 

駐車場に限りがございますので、完成見学会は

ご予約制になっております。

ご予約はこちらから

↓↓

新築完成見学会

 

スタッフ一同お待ちしております

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ