やはりカーテンが鍵

こんにちは。R+house守谷・柏コーディネーターの内田です。

 

昨日はとても寒かったですね。

寒さに雨にと1月くらいの体感

(あくまでも私の体感)でしたので、

 

本日完全防備で出勤すると

思いの外寒くなく…打合せをさせて頂きながら、恐らく私だけが汗をかいていましたm(._.)m

 

 

 

先日、コーディネーターの新井と

年に一度開催されるインテリアトレンドショーに行って参りました。

 

ここでは、様々なメーカーの来年発売される

商品やメーカー同士がコラボレーションした空間展示などがあり、

コーディネーターが来年のトレンドを掴む1年に1度の大きなイベントとなります。

 

 

主にファブリック(カーテンや椅子・ソファの張地、壁紙など)がメインなのですが、

まさに眼福です。

 

素材からデザインまで、他社多様に展示されておりました。

 

 

カーテンをこだわるとゴージャスになる

イメージがありますが、

R+houseのシンプルなのデザインにも

合うようなデザイン、素材は

たくさんございます。

 

 

 

北欧テイストの家具をカーテンや

クッションで引き立てるのも素敵です。

 

とりあえずカーテンは後回しに…

という

とりあえずは10年とりあえずのままです。

 

お家の中の窓の面積は、

壁、床、天井の次に広いのです!

 

アクセントの壁紙も良いですが、

真っ白い空間にお気に入りのカーテンを

設えるのもとってもステキです。

 

 

 

後回しにしがちなカーテン、家具を

一部でもお気に入りや憧れのものをいれるだけで、毎日の暮らしに心の豊かさが

プラスされます。

 

これから家づくりをご検討されていらっしゃる皆さま、家具やカーテンも少しこだわってみてはいかがでしょうか。(^ ^)

 

引き続き建築家のかっこいいお家を

空間全体で提案させて頂きますので、

お気軽にお声かけくださいませ。

 

 

コーディネーター

内田

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ