【質問】子育てしやすい間取りって?

 

こんにちは。R+house守谷・柏の田村です。

突然ですが

みなさんがお家づくりを始めたきっかけはなんですか?

家賃が高くてもったいないから。老後の安心のため。

いろいろなきっかけがありますね。

その中でも特に多いのが

 

お子さんが生まれたり幼稚園に入るからなど、

お子様キッカケで家づくりを始める方です。

 

R+houseで建てられたお客様の中にも

「戸建だと周りを気にせずに遊ばせられるから」や

「伸び伸びと育って欲しいから」

などなど、お子さんの影響でお家づくりを

始められた方は多いです。

 

では、そんな家づくりに影響の大きい子育てですが、

家づくりや間取りにはどのように活かしてあげればいいのでしょうか??

 

今回は、子育てしやすい間取りについて

アールプラスハウス守谷・柏の

お母様スタッフ(大石さん)

聞いてみました!

(私は子育ては全く分からなので。。。(´;ω;`))

 

それではどうぞ↓↓

 

 

 

 

 

 

 

玄関に入ってすぐに洗面室

大石さんが一番初めに言っていたのは、

玄関に入ったらすぐに洗面室があること。

お子様が汚れて帰ってきても、

リビングに入る前にお風呂に直行できるからだそうです。

休みの日にはお子様と一緒に

ガーデニングもするみたいなので、これはすごい大事ですね!

 

 

 

可変性の高い子供部屋

将来お子様が増えた時は、部屋を2つに分けて使ったり!

お子様が大きくなったらセカンドリビングとして使ったり!

可変性の高い子供部屋がおすすめだそうです。

 

なるほど!!

子供の成長とともに、必要な子供部屋の形も変化していくんですね!

 

 

そういえば!

子供部屋関連でいうと、S様邸!

ご夫婦共々、幼少期に壁へ落書きをして叱られた思い出があったS様ご夫婦。

「家でお子様に我慢してほしくない!」というご希望から

壁一面を黒板塗装で仕上げたそうです

 

お子様が大きくなったら

好きな色に塗装してもらうそうです。

DIY計画もばっちりですね!

タタミコーナー(和室)

LDKと繋がった畳コーナーがあると便利!

赤ちゃんのおむつ替えや子供の昼寝、

お子様の遊び場に使うことができますね!

 

区切ることができるようにしておけば、

客間として使ったり洗濯物の一時置きスペースなど

色々な用途に使うこともできます。

 

 

 

いかがだったでしょうか??

家づくりと子育てはこんなに深い関係があるのですね( ..)φメモメモ

 

今回ご協力いただいた大石さん!

ありがとうございました☺

私も将来、絶対参考にしようと思いました!

皆様もぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

ではでは、失礼します!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ