『体感は人それぞれ』

こんにちは。R+house守谷・柏の大石です。
9月も半ばとなり、朝晩の涼しさに秋の気配が感じられるようになりました。
皆さんはどんな事で季節の移り変わりを感じますか?

 

先日友人から、今人気のコウモリランとサンスベリア シルバーキングを株分けしてもらいました。

 

コウモリラン

 


スベリア シルバーキング

コウモリランは和名ビカクシダ(麋角羊歯)と呼ばれる「シダ」の仲間です。

名前の由来は一目瞭然。

鹿の角に似ているからですね。


水苔で巻いて、板に取付けて、完成。

 

 


独特なフォルムで存在感ハンパないです。

可愛らしさもあり、不思議な魅力に取り憑かれてます。

いつのまにか私も「植物との暮らし」を楽しめるようになっていました。

 

だいぶ話がそれてしまいましたが

今回は、「吹抜けがあると寒さが心配」という声に向けて、R+houseのお家の特徴をおさらい。

ウェルハウジングのモデルハウス2棟共、吹抜けがあります。


守谷モデルハウス

 


柏モデルハウス

 

そして、実際にウェルハウジングでお家づくりをされた多く方々が、吹抜け造りを採用しております。

 

 


吹抜けからの光でより明るいリビングに

 

結論から言うと、高気密・高断熱の家は吹き抜けがあっても、それほど寒くなりません。

勿論、個人差があるので、絶対とは言い切れませんが。

通常、暖かい空気は上部に、冷たい空気は下部にたまる性質があるため、吹き抜けで暖気が上昇してしまうと足元は冷えてしまいます。

旧来の住まいでは家自体の断熱性能が低かったため、上記の様な現象がどの住まいでも起きていました。

吹抜けがあってもそれほど寒くない家にしたいなら

①断熱・気密

外壁や屋根、基礎の断熱性能をしっかり確保する事

②計画換気

暖房した熱を効率良く循環させる事。

吹き抜けがあっても温かい家は外部からの熱の出入りが少なく、内部の熱が逃げにくい!

そして、効率よく循環させる事が重要。

と言われても、体感は人それぞれ!

そんな方々に朗報。

ウェルハウジングでは、
今月
9/28(土)に『LIXIL 住まいStudio』見学ツアー
を企画しております。

 

断熱・気密とか、Q値・Ua値の数値を言われても、よく分からない!

という方多いと思います。

私もその1人でした。

そんな方々の為の企画。

「LIXIL暮らしStudio」という施設。

巨大な冷蔵庫内に以下の3つの家が設置してあります。

①昔の家:昭和55年の家

②今の家:平成28年基準の家

③これからの家:HEAT20G2仕様の家

それぞれの家を体感できるスタジオになっています。

どの家もエアコンは20度に設定されていて、外は冷蔵庫の0度という温度設定。

個人的に驚いたのは『今の家』です。

平成28年基準って、もっとすごい高性能だと思っていました。

だって約3年前の基準ですよ!?

なのに、「今の家」って想像以上に寒かったです。

これでは、せっかく家を建てても、『あたたかい家』にはなりません。

 

詳しくはこちらのブログをチェック


ぜひ今月のイベント

バスツアーで一緒に体感しませんか?

お子様歓迎!

食事付き。

現地解散可!

(もちろん、柏の葉展示場まで送迎致します)

リクシルショールームの見学もあるので、最新住宅設備や、窓・収納など、見どころ満載となっております。

参加費無料なので、お気軽にご参加ください。

少しでも気になる方はぜひ!

ご予約お待ちしております。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ